おんな城主直虎 第3回「おとわ、危機一髪」あらすじ

鶴丸との縁組に抵抗するおとわ。ついに今川はおとわを人質に出すように命令します。人質として駿府に行ったおとわ。そこでは今川義元の息子・龍王丸と蹴鞠が始まります。勝てば褒美がもらえる。おとわは井伊谷に戻ることを褒美にしてもらおうと対決を挑みますが。

1月22日放送のNHK大河ドラマ おんな城主直虎のあらすじとねたばれを書いています。ドラマの内容ををもとに書いてるため、歴史的上の通説と違う場面があるかもしれません。ご容赦ください。先にストーリーを知りたくない方は注意してください。

おんな城主直虎 第3回「おとわ、危機一髪」あらすじとねたばれ

スポンサーリンク

 今川の人質に出されるおとわ

おとわは髪を切って頭を丸めようとしましたが、うまくいかずに血まみれになってしまいました。鶴丸との縁組を嫌がるおとわを見て小野政直は「夫婦約束は無理ですな」と出て行ってしまう。後日、今川家から使者が来て「おとわを人質に出す事、背けは成敗する」と命令が出ました。怒り出す直平。かつて自分の娘・佐名を今川の人質に出してつらい思いをさせたことを思い出していたのでした。しかし、今川に逆らえば滅ぼされます。直盛はおとわを人質にだすことにしました。

 駿府に来たおとわ

おとわは人質として駿府に来ました。そこで佐名に出会います。佐名は直平の娘・佐名に出会いますが冷たくされます。佐名は人質に出されたことを恨んでいました。一緒に来た南渓和尚は今川義元の母・寿桂尼に取り次いでもらえるよう佐名に頼みますが断られます。しかし南渓和尚は満足げでした。佐名の心が揺れていると感じたからです。いずれ取り次いでもらえるという南渓でしたが。おとわは不安でした。

 龍王丸と蹴鞠対決するおとわ

おとわが待っていると寿桂尼がやってきました。寿桂尼はきさくにおとわを蹴鞠見物に誘いました。蹴鞠をしていたのは瀬名(佐名の娘・築山殿)、龍王丸(今川氏真)でした。おとわは寿桂尼から蹴鞠で勝てばほうびがもらえると聞かされ、龍王丸に蹴鞠対決を挑みます。しかし、蹴鞠の特異な龍王丸に勝てません。何度も勝負を挑むおとわ、そんなときふとした拍子にに龍王丸の蹴った毬が地面に落ちてしまいます。おとわは勝ったと思いました。そんなとき今川義元が現れます。義元はおとわが勝った褒美に、出家する条件で井伊谷に戻ることを許しました。義元が命令を出した裏には佐名と太原雪斎の協力がありました。南渓和尚の根回しが効いたのです。