おんな城主直虎 第9回「桶狭間に死す」あらすじ

圧倒的に有利と思われた桶狭間の戦いは今川軍の敗退に終わりました。今川家と井伊家は当主を失います。

3月5日放送のNHK大河ドラマ おんな城主直虎のあらすじとねたばれを書いています。ドラマの内容ををもとに書いてるため、歴史的上の通説と違う場面があるかもしれません。ご容赦ください。先にストーリーを知りたくない方は注意してください。

おんな城主直虎 第9回「桶狭間に死す」あらすじとねたばれ

スポンサーリンク

 桶狭間の戦いで今川軍敗退

尾張の織田を攻めるため出陣していた今川義元率いる今川軍。ところが、豪雨のなか休息していたところ、織田軍に不意を突かれて大混乱、義元が討たれてしまいました。残された今川軍は逃げ帰ります。義元討ち死にの報告を受けた今川屋は大混乱になります。跡継ぎの氏真は茫然となり家臣に命令を出すことができません。一方、井伊の館には戻ってきた負傷兵であふれかえっていました。次郎法師の父・直盛の首が届けられます。父の最後の様子を聞きいたたまれなくなる次郎法師。

直盛の遺言に不信感をもつ直平達

戦場で自害した直盛の遺言を聞いたのは家臣の奥山孫一郎でした。直盛は中野直由がしばらく井伊谷を治めよという遺言を直平達に伝えます。しかし納得できない直平達。すぐに直親に治めようとさせないのは、何者かの入れ知恵ではないかと疑います。半信半疑ながらも直由をたてて井伊谷を当てなおすことにする直親。

しのが懐妊

戦死者の合同葬儀のおわってしばらくすると、直親としのが千賀のもとを訪れました。しのが晴れ晴れとした表情で跡継ぎができたといいます。亡き殿が下さった命と報告するしのに対し、悔しいような寂しいような気持ちになる次郎法師でした。