おんな城主直虎 第11回さらば愛しき人よ あらすじ

松平元康(後の徳川家康)は今川家を裏切って織田と同盟を結びました。今川の人質になっていた瀬名と息子の竹千代は処刑されそうになります。そこへ元康の家臣・石川数正が駆けつけてきました。

3月19日放送のNHK大河ドラマ おんな城主直虎のあらすじとねたばれを書いています。ドラマの内容ををもとに書いてるため、歴史的上の通説と違う場面があるかもしれません。ご容赦ください。先にストーリーを知りたくない方は注意してください。

おんな城主直虎 第11回 さらば愛しき人よ あらすじとねたばれ

スポンサーリンク

瀬名は石川数正に救われて岡崎城へ 

瀬名を救うため今川館に来たのは石川数正でした。松平元康が寿桂尼の孫・鵜殿長照の子供を人質に取っていました。数正は瀬名と長照の子供を人質交換しようと交渉します。瀬名は数正に連れられて元康のいる岡崎城に行きました。しかし元康が裏切った代償として、瀬名の父・関口氏と母・佐名は今川氏真によって処刑されてしまいました。元康の裏切りで動揺する今川領の国人領主たち。裏切り者をださないため寿桂尼は策略を考えます。

寿桂尼の策略にはまる井伊家

井伊家に松平元康の使いと名乗るものが現れました。瀬名を助けた例として仏具と書状を持ってきました。書状には松平元康が井伊直親に会いたいと書いていました。井伊直親は小野政次に手紙を見せます。直親は今川家がつぶれるのは近い、力をつけている松平家につこうと考えていました。政次も賛成します。直親は松平元康と会います。しかしその元康は偽物でした。寿桂尼の仕掛けた策略だったのです。

次郎は松平元康に助けを求めるが

今川家の策略にはまったと気が付いた次郎法師は松平家に助けを求めます。しかし松平家は井伊家に援軍を送る余裕はないと断られます。次郎法師は元康がだめなら瀬名に助けを求めます。しかし瀬名は岡崎では厄介者扱いされて城に入れず、寺で暮らしていました。次郎法師は瀬名を訪れ井伊谷に来るように願います。瀬名を人質ということにして松平に兵を出してもらおうというのです。しかし瀬名は数正に井伊谷に行かないよう説得されます。瀬名は井伊谷には行きませんでした。

今川の圧力で駿府に行く直親

一方、井伊谷には今川の兵が迫っていました。直親に駿府まで来て申し開きをするよう命令が出ました。井伊直平と中野直由は今川軍を迎え討とうとします。駿府に行けば命はないかもしれません。それでも直親は自分が行って井伊家が助かるのならと駿府に行くことを決心します。直親は次郎法師に息子の虎松を託して駿府に向かいます。