おんな城主直虎 第17回消された種子島あらすじ

瀬戸方久が借りてきた鉄砲を見た直虎は、井伊谷で鉄砲を作ろうと考えます。しののもので大事に育てられている虎松はひ弱に育っていました。なんとか虎松をたくましく育てたいと思う直虎ですが。

4月30日放送のNHK大河ドラマ おんな城主直虎のあらすじとねたばれを書いています。ドラマの内容ををもとに書いてるため、歴史的上の通説と違う場面があるかもしれません。ご容赦ください。先にストーリーを知りたくない方は注意してください。

おんな城主直虎 第17回消された種子島あらすじとねたばれ

スポンサーリンク

鉄砲を初めて見る直虎 

瀬戸方久と中野直之は、直虎に見せたいものがあるといって木箱を持ってきました。中に入っていたのは鉄砲でした。生まれて初めて鉄砲を見た直虎はそれがなにかわかりません。直之が鉄砲を使って見せました。遠く離れた的が地面に落ちる様子を見て直虎は妖術かと驚きます。鉄砲があれば武術の心得がないものでも戦えると訴える直之。ところが鉄砲はとても高価で今の井伊家には手が出ません。そこで直虎は鉄砲を井伊谷で作ることにしました。伊平にある鍛冶屋を訪れた直虎。鍛冶屋の五平に鉄砲を見せて同じものを作るように命じました。

鉄砲の弾を見た政次

駿府から戻ってきた政次に亥之助が小さな鉛の玉を見せました。亥之助はそれが何かわからず不思議がっています。しかし政次はそれが鉄砲の弾だと気が付きました。亥之助にはわからぬので調べておくと言って弾を預かりました。政次は自分の知らないところで直虎が何か始めたに違いないと疑います。

虎松を鍛える直虎

虎松は家臣やしのたちに甘やかされて育っていました。直虎はそれが我慢ができなくなりました。直虎がきび室しつけると虎松は寺へ習い事に来なくなりました。虎松を尋ね新野家をおとずれる直虎ですが、しのと言い争いになってしまいます。後日、虎松のもとを訪れた直虎は虎松に父・直親のことを話します。幼いころはひ弱だった直親は逞しい男に育ちました。それを聞いて虎松も「悔しい」と漏らします。直虎はしのに頼んで虎松を預かりました。直虎は虎松に囲碁を教えます。そして虎松と亥之助の対決の日が来ました。虎松は亥之助に負けましたが、虎松の頑張りにしのは稽古をつづけさせることにしました。

なくなった鉄砲

安堵する直虎。しかしそこに直之が慌ててやってきました。鉄砲がなくなったのです。見本も作りかけものも消えてしまいました。そこで政次がやってきます。政次が押収していたのでした。鉄砲を密かに作り謀反をたくらんでいるのかと問い詰める政次。直虎のいいわけもつうじません。助けてほしければ後見の座を降りるよう冷徹に言い放つ政次。直虎と政次はにらみ合います。