おんな城主直虎 第25回 材木を抱いて飛べ あらすじ

井伊の山から切り出した材木を売った直虎たち。ところが材木は三河国に売られていきました。今川から謀反の疑いをかけられる直虎ですが。

6月25日放送のNHK大河ドラマ おんな城主直虎のあらすじとねたばれを書いています。ドラマの内容ををもとに書いてるため、歴史的上の通説と違う場面があるかもしれません。ご容赦ください。先にストーリーを知りたくない方は注意してください。

おんな城主直虎 第25回 材木を抱いて飛べ あらすじとねたばれ

スポンサーリンク

 直虎は井伊の山から切り出した材木を売りに行く

龍雲丸たちが井伊の山から切り出した材木は、方久が買い手をみつけて売りました。材木には「井」の焼印を押して井伊谷で取れた証明にしました。材木を運んで気賀に行った直虎は龍雲丸達が流れ者達に仕事を見つけて紹介するよろず屋をやっていることを知りました。

今川は気賀に城を作ることに 

気賀から戻った直虎に、小野政次が噂を持ってきました。今川が気賀に城を作るというのです。今川は武田に送っていた塩を止めました。「潮止め」です。駿府で商いをできなくなった商人が気賀に流れ込んできました。それを監視するために城を作るというのです。

 三河に流れた材木を取り戻す

その後、政次は関口という名の今川家重臣と一緒に戻ってきました。関口は「井伊が三河と内通した。直ちに申し開きに来い」というのです。井伊で切り出した材木が三河に流れていました。材木を売った成川屋が三河と通じていたのです。直虎は、今川が井伊の統治を小野政次に任したいと考えている。そのための口実だと思いました。直虎は龍雲丸たちに頼み、材木を買い戻すことにしました。その間、直虎は熱を出す薬を飲み寝込んで時間を稼ぎました。数日後、直虎は熱が下がり今川館に行き今川氏真と会いました。直虎が氏真に申し開きをしている最中。駿府に材木が届きました。龍雲丸が間に合ったのです。