おんな城主直虎 第27回 気賀を我が手に あらすじ

気賀の町を井伊家に治めてほしいと願う気賀の人々。瀬戸方久も乗り気です。そこでいい直虎たちは今川氏真から気賀を治める許しをえようと動き始めます。

7月9日放送のNHK大河ドラマ おんな城主直虎のあらすじとねたばれを書いています。ドラマの内容ををもとに書いてるため、歴史的上の通説と違う場面があるかもしれません。ご容赦ください。先にストーリーを知りたくない方は注意してください。

おんな城主直虎 第27回気賀を我が手にあらすじとねたばれ

スポンサーリンク

 気賀の商人たちに城主を頼まれる直虎だが

気賀の商人たちは、気賀にできる城の城主を井伊にやってほしいと頼んできました。しかし城主を決めるのは今川です。すでに大沢元胤が気賀の城に入ることになっていました。困惑する直虎でしたが、瀬戸方久は乗り気でした。方久は今川の重臣関口経久に賄賂を渡しました。関口はあっさりと快諾し、直虎が今川氏真に謁見する場をもうけてくれました。ところが謁見当日、氏真のもとに武田義信が自害したとの連絡が入ります。義信の妻は氏真の妹。今川と武田の同盟は破棄されてしまったのです。直虎と方久は氏真への工作は後日行うことにするのでした。

 龍雲丸達が城作りを始める

直虎は気賀の中村屋から龍雲丸たちが気賀の根城にとどまっていると聞きました。しかも、城を作るのを嫌っていたにもかかわらず、城の普請を請け負いたいと言い出したのです。直虎は龍雲丸を尋ねてます。龍雲丸は城を作る予定の場所に直虎を連れていきました。そこは船で行くしかできない中洲でした。潮が満ちれば四方を水に囲まれ、馬で責めることはできません。敵に捕まらぬための城。それが龍雲丸の思い描く城でした。

 気賀が井伊のものに

龍雲丸とはなしているうちに、直虎はあることを思いつきました。大沢に気賀を手放すようにしむければいいのです。大沢はいくつも城を持っています。気賀の城にかまっている余裕はないはず。そう考えた直虎は大沢元胤を訪れました。商人たちの多い気賀は治めるのが難しい町だと大沢に説明しました。その話を聞いた大沢は気賀を治めるのが嫌になり、井伊に譲ることを今川氏真に直訴することになりました。直虎は大沢、関口とともに今川氏真に会い気賀を治める許しを得ました。