おんな城主直虎 第30回 潰されざる者 あらすじ

今川家では戦支度が進んでいました。その中で今川は井伊潰しを始めます。

7月30日放送のNHK大河ドラマ おんな城主直虎のあらすじとねたばれを書いています。ドラマの内容ををもとに書いてるため、歴史的上の通説と違う場面があるかもしれません。ご容赦ください。先にストーリーを知りたくない方は注意してください。

おんな城主直虎 第30回 潰されざる者 あらすじとねたばれ

スポンサーリンク

瀬戸方久に疑いをもつ小野政次 

小野政次には気になることがありました。寿桂尼は内通の疑いのあるものを確かめるために領主を呼び出していると聞いていたからです。直虎は呼び出されたのは随分と前のことなので疑われてはいないと考えていました。政次にはもうひとつ気になることがありました。瀬戸方久が今川に呼び出されたあと、何も言わないのです。政次は、今川は井伊を潰すつもりなのを方久は知っているのではないかと疑いました。そこで政次は気賀に行き確かめることにしました。

徳政令が出されたことを知る直虎

政次は気賀の根城に方久を呼び出しました。「井伊を取り潰す話からは但馬を外すように言われたのか」と問いました。政次は方久が隠し持っていた書状を取り上げました。そこには、徳政令が出ても瀬戸方久の領地は安堵すると書いてあったのです。今川は再び徳政令を持ち出していいを潰そうとしていたのでした。「取り立ててもらったのじゃないのか」と言う龍雲丸に対して、方久は「徳政令がどうあれ、今川は井伊を直轄地にするつもり」と答えました。

関口の宿に出かけた直虎は政次に捕まる 

その後、今川家の重臣・関口が井伊谷にやってきました。関口は直ちに徳政令を実行するように命じました。直虎がどうすればよいか考えていると、関口の宿泊している宿に百姓が押しかけていると知らせが入りました。百姓たちは徳政令を望んでいないというのです。

直虎が駆けつけると、小野政次がいました。政次は直虎を見つけると直ちに直虎を羽交い締めにしました。そして「俺を信じろ。おとわ」と言ったのでした。