おんな城主直虎 第31回虎松の首 あらすじ

寿桂尼は井伊家が裏切ることを予想していました。今川氏真は寿桂尼の助言通り井伊家をとりちぶすことにしました。氏真は直虎に徳政令の実行を求めてきました。

8月6日放送のNHK大河ドラマ おんな城主直虎のあらすじとねたばれを書いています。ドラマの内容ををもとに書いてるため、歴史的上の通説と違う場面があるかもしれません。ご容赦ください。先にストーリーを知りたくない方は注意してください。

おんな城主直虎 第31回虎松の首 あらすじとねたばれ

スポンサーリンク

 再び徳政令の実行を求める今川家

取り潰しを免れていた井伊谷でしたが、寿桂尼は直虎は今側を裏切ると判断。裏切られる前に井伊谷を今川の直轄地にすることにしました。寿桂尼の考えにしたがい、今川氏真は井伊家取り潰しをはじめます。氏真は関口氏経に命じて徳政令の実施を進めました。

 氏真は虎松の首を差し出すよう要求

井伊直虎と小野政次は今川の徳政令を受け入れることにしました。小野政次は今川家の代官として井伊館に残りました。今川のいいなりになって従うふりをして時を稼ぐつもりです。その間に徳川家康と同盟を結び井伊家の復活をめざすことになりました。井伊谷を追われた井伊家の人々は川名に移り住みました。しかし、氏真は虎松の首を差し出すように命じました。直虎は虎松を守るため奥山六左衛門に命じて虎松を逃しました。