「べっぴんさん」坂東長太郎・トク子・節子にモデルはいるの?

連続テレビ小説「べっぴんさん」ヒロインの父親・坂東五十八(生瀬勝久)には兄夫婦と母がいます。滋賀県で暮らす近江坂東家は五十八の実家なんですね。

五十八のモデルになった佐々木八十八にも兄と母がいます。でもあまりドラマの登場人物とは共通点がありません。

ドラマに当所する近江坂東家のひとたちを紹介します。

 坂東長太郎にモデルはいたの?

坂東五十八には兄がいます。兄・坂東長太郎(本田 博太郎)は近江商人の家柄で家業を継ぎました。

五十八のモデルになった佐々木八十八にも兄・佐々木友次郎がいました。兄弟とはいっても八十八と友次郎は父親が違いました。佐々木家は母方の家系だったのです。友次郎の父が亡くなった後、八十八の父が佐々木家に婿養子に入ったのでした。母が同じで父が違う異父兄だったのですね。

佐々木家は兄・友次郎が継ぐことになっていたため、八十八は父が亡くなった後家を出て大阪の会社に就職しました。ところが、友次郎が病死したため八十八が佐々木家の当主となりました。

ドラマでは兄・長太郎は亡くならず家を継いでいます。でも五十八ほど商才に恵まれていません。才能に恵まれた弟に対して複雑な感情を持っています。

名前の雰囲気と家族構成では佐々木友次郎が坂東長太郎のモデルになりますが。ほとんどオリジナルキャラクターになっています。なにしろ佐々木友次郎は若くして亡くなっているのでどんな人がわからないんですね。

スポンサーリンク

坂東節子、坂東静子のモデルは

坂東長太郎の妻・坂東節子(山村紅葉)もオリジナルキャラクターです。
佐々木家当主の妻として疎開してきたすみれたちに対して厳しくあたります。

坂東長太郎の息子の嫁・坂東静子(三倉茉奈)もオリジナルです。
すみれにとっては従姉妹になりますが、お嬢さん育ちのすみれたちに対して憧れと嫉妬の混ざった複雑な感情を持っています。

坂東トク子のモデルはいるの?

坂東五十八の母・坂東トク子(中村玉緒)にモデルはいるのでしょうか。佐々木八十八にも母はいますからその人がモデルと思うかもしれません。でも、母という以外共通点がないのでドラマのオリジナルキャラクターと考えてよさそうです。

代々続く近江商人の家系を守ってきたという点では、佐々木八十八の母に通じるものがあるのかもしれません。佐々木家は八十八の母方の家系なのです。

佐々木家は11代続く商人の家系でした。祖先は近江源氏の佐々木高綱(源頼朝の家臣)になります。祖先は近江出身ですが、商人をしていたのは京でした。

近江編はすみれたちにとって試練の場

坂野惇子が戦時中に疎開するのは姉の嫁ぎ先・三浦家の実家でした。三浦家は美作国(岡山県)勝浦藩主の家系。その縁で岡山県の勝山町に疎開することになるのです。

ドラマではすみれの姉は華族との結婚を断ってしまいますので疎開先がありません。

代わりに疎開先となるのが、父の実家です。そのために用意された近江坂東家の人々は一癖も二癖もある人たちばかり。

脚本家の渡辺千穂さんは近江編は楽しんで作ったとドラマガイドに書いてあります。史実にとらわれない自由な展開ができるので脚本家の腕の見せ所かもしれません。ちょっといじわるな人たちが多いので、渡辺さんの本領発揮かもしれませんね(笑)。

個性的な近江坂東家の人々と暮らす近江編は試練となるということです。どんな展開になるのか見逃せませんね。