真田丸第43回「軍議」あらすじ・城を出て戦うか籠城するか意見が分かれる

徳川の大軍が迫る中、大坂城ではどう迎え撃つか軍議が開かれます。京都へ攻め込むことを主張する幸村に対し、豊臣の直臣は籠城戦を主張します。

NHK大河ドラマ真田丸のあらすじとねたばれを書いています。ドラマの内容ををもとに書いてるため、歴史的上の通説と違う場面があるかもしれません。ご容赦ください。

真田丸第43回「軍議」あらすじとねたばれ

スポンサーリンク

家康に味方する片桐

二条城に入った、徳川家康のもとに片桐且元が訪ねてきました。豊臣家から追放され、家康しか頼るものがないからです。且元を追い詰めのは家康でしたが、それを知るはずもありません。満面の笑みで且元を迎え入れる家康。大坂城の内情を知る且元に家康は城内の兵糧がどのくらい持つか聞きます。

籠城か遠征かでもめる大坂城

大坂城で行われた軍議。木村重成たち豊臣の直臣は大坂城での籠城を主張します。幸村は家康のいる京の伏見城を攻め、二条城にいる家康の首をとり。大津をせめて秀忠の軍をむかえうつというもの。ところが浪人達も幸村の案に反対しました。浪人達に反対する理由を聞き説得する幸村。浪人達も幸村の案に賛成。秀頼も幸村の案に賛成しました。

淀殿の一声でひっくりかえる

ところが、淀殿は籠城を主張。幸村以外の浪人を信用していなかったのです。大坂城にいれば徳川は手を出せないと考えていました。結局淀殿によって軍議の決定がひっくり返ってしまいました。治長からそれを聞いた幸村は沈黙します。しかしすぐに次の策を考えることにしました。