真田丸第49回「前夜」あらすじ

大阪夏の陣の始まりです。道明寺・誉田の戦いで又兵衛が討ち死に。八尾・若江の戦いでも盛親、重成が絶体絶命の戦いを強いられます。

1月日放送のNHK大河ドラマ真田丸のあらすじとねたばれを書いています。ドラマの内容ををもとに書いてるため、歴史的上の通説と違う場面があるかもしれません。ご容赦ください。先にストーリーを知りたくない方は注意してください。

真田丸第48回「前夜」あらすじとねたばれ

スポンサーリンク

信之が幸村を説得

幸村からの手紙を受け取り、幸村が死ぬつもりだと考えた信之は説得のために大坂へ来ました。信之、信尹と合う幸村。信濃一国を与えるという家康の言葉を信尹から聞きますが、幸村の考えは変わりません。

大阪夏の陣が始まる・道明寺の戦い

大野治房勢が樫井で徳川軍との戦いに突入。団右衛門が討ち死にしました。幸村は道明寺付近で徳川軍を迎え撃つ計画をたてます。後藤又兵衛と明石全登が平野に軍を進めますが、本田正信が又兵衛を調略します。又兵衛は断りましたが、正信は又兵衛が裏切ったという情報を流しました。又兵衛は疑いをはらすため徳川軍に突撃、討ち死にしました。

八尾・若江の戦い、誉田の戦い

八尾方面では長宗我部盛親と木村重成の部隊と徳川軍の大軍との戦いが始まりました。誉田付近で伊達正宗の部隊と戦う幸村、毛利勝永。豊臣方の作戦が漏れていると感じつつも、部隊を城へ引き上げます。幸村は殿を務め城に戻りました。その夜、幸村はお春たちを伊達の陣に届けさせます。きりに千姫を德川の陣に届けた後沼田へ戻るよういいますが、大坂城へ戻るといいます。

血気にはやる浪人たち

大阪城では大野治房が勝手に蔵を開け一部の浪人たちに金を与えました。不満が出ることを心配した秀頼はすべての浪人に金を与えます。浪人たちは武具を買い求め戦支度を始めます。治房は勝手に堀を掘り返しはじめました。家康は大阪が戦支度をしていると判断。大坂攻めの準備を始めます。