真田丸第50回最終回「疾風」あらすじ

真田幸村と徳川家康の最後の戦いが始まります。秀頼を主人させないよう幸村が裏切ったという偽の情報を流す徳川軍。予期せぬ形で戦いは始まりますが、幸村は德川の本陣めがけて突撃。幸村の戦いは伝説となるのでした。

1月日放送のNHK大河ドラマ真田丸のあらすじとねたばれを書いています。ドラマの内容ををもとに書いてるため、歴史的上の通説と違う場面があるかもしれません。ご容赦ください。先にストーリーを知りたくない方は注意してください。

真田丸第50回「疾風」あらすじとねたばれ

スポンサーリンク

大城夏の陣・最後の闘いが始まる

真田幸村たちは大坂城内で最後の軍議を開きます。幸村たちが陣を構え秀頼の出陣を待ちます。ところが秀頼はなかなか出てきません。本田正純は幸村が裏切ったという情報を流し、それを真に受けた大蔵卿局が秀頼の出陣に反対していたのでした。大野治長は秀頼を出迎えるため城に戻りました。

天王寺の戦い

徳川軍と対峙する幸村と毛利勝永。ふいに銃声が響きます。徳川軍が発泡したのでした、毛利の部隊も応戦します。準備の整ってないまま、予期せぬ形で戦いが始まってしまいました。それでも勝永は怒涛の勢いで徳川軍を打ち負かしていきます。

幸村最後の突撃

寝返りを疑われていることを知った幸村は、大介を大坂城に戻します。自らは德川の陣へめがけて突撃をかけました。大混乱になる徳川勢。幸村は家康の本陣めがけて馬を突撃させます。

徳川家康を追い詰めた真田幸村は日の本一の兵として語り継がれるのでした。