真田丸第37回「信之」あらすじ

徳川秀忠の軍から上田城を守り切った真田昌幸・信繁とその家臣たち。勝利を喜ぶ真田家中に関ケ原で石田三成が負けたことが伝わります。

動揺が走る真田家。

勝った家康は真田家の処分を決めます。昌幸と信繁の処分はどうなるのでしょうか。

NHK大河ドラマ真田丸のあらすじとねたばれを書いています。ドラマの内容ををもとに書いてるため、歴史的上の通説と違う場面があるかもしれません。ご容赦ください。

真田丸第37回「信之」あらすじとねたばれ

スポンサーリンク

真田昌幸・信繁親子。合戦に勝ちながら降伏

真田昌幸(草刈正雄)・信繁(堺雅人)は上田での戦いには勝ちました。でも関ケ原で石田三成ら西軍が破れてしまいます。その結果、徳川家康の力は誰も逆らえないほど大きくなってしまいました。真田昌幸・信繁は降伏することになります。

家族を救うため動く信幸

真田信幸(大泉洋)は父と弟を救うために大阪に行きます。徳川家康(内野聖陽)・秀忠(星野源)親子を相手に命を助けるように直談判。そんな婿に心打たれた舅の本田忠勝(藤岡弘、)も一緒に主君の家康に頭を下げます。昌幸・信繁親子の命は助かりました。その条件として信幸は昌幸から受け継いだ「幸」の字を捨てるよう言われます。

新たな真田家当主となった信幸の決意

家康に味方した信幸は沼田に加え昌幸の領地だった上田も治めることになります。真田家の家臣を集め、真田家の当主として語る信幸。信幸は自らの名を「信之」と改めることを宣言します。幸の字を捨てたのは昌幸との決別を意味します。しかし字は違っても読み方は同じ。字を変えたのは徳川の世を生きる表むきの姿、心の中では親子の縁は切れていないのです。

敗軍の将たちの末路

大坂城に立ち寄った信繁は、石田三成(山本耕史)、大谷吉継(片岡愛之助)の最後を聞かされます。義父・大谷吉継は戦場で散り。石田三成はつかまって処刑されました。敗北の原因となったのは小早川秀秋(浅野陽介)の裏切りでした。

昌幸・信繁親子の運命

昌幸親子は命は助かりました。そのかわり高野山に流罪ととなります。生き地獄のような厳しい生活が待っているのでした。高梨内記(中原丈雄)・きり(長澤まさみ)親子。信繁の妻・お春(松岡茉優)そして一部の家臣をつれて高野山に向かいます。お梅とのあいだにできた娘すえ(恒松祐里)は上田に残ることになりました。

高野山で待ち構えていたのは農民たち。もちろん歓迎してるわけではありません。遠巻きに様子をうかがう農民たち。