真田丸第41回「入城」あらすじ

真田幸村と名前を変えた信繁(堺雅人)は大坂城に行く決心をします。しかし、九度山の見張りはきつくなる一方。大坂城に入った幸村は茶々と再会。大坂城に武将たちがそろいました。

NHK大河ドラマ真田丸のあらすじとねたばれを書いています。ドラマの内容ををもとに書いてるため、歴史的上の通説と違う場面があるかもしれません。ご容赦ください。

真田丸第40回「入城」あらすじとねたばれ

スポンサーリンク

九度山を脱出する真田幸村一行

大坂城へ行く決心をした幸村。しかし大坂城に浪人が集まっているという報告を受けた徳川家康(内野聖陽)は九度山村の警備を厳重にするよう命令します。幸村は村人を集めてもてなして油断させ、その隙に村を抜け出します。

真田信之に出陣命令

家康は大坂城攻めを決定。全国の大名に出陣命令が届きます。真田信之(大泉洋)のもとにも出陣命令が届きました。信之の息子たち、真田信吉(広田 亮平)、真田信政(大山 真志)も成長し出陣できる年頃になりました。母の違う信吉と信政はお互いを意識して張り合っていました。信之は大坂を息子たちの出陣の場にしようと考えます。病で出陣できない信之に代わって、信吉と信政が出陣することになりました。

お稲(吉田羊)はおこう(長野里美)の息子・信吉を真田家の後継者にしてはと信之に提案します。

また、幸村の娘・すえは信濃の庄屋・石合十蔵(加藤 諒)と結婚しました。

幸村大坂城に入る

幕府の監視を潜り抜けなんとか真田幸村は大坂城に到着します。大坂城にはすでに浪人達が集まっていました。幸村は成長した豊臣秀頼(中川 大志)に出会います。久しぶりに茶々(竹内結子)と再開します。

大坂城に武将たちが集まりいよいよ家康を迎え撃つための準備が始まります。