真田丸第42回「味方」あらすじ・浪人達は大坂五人衆のもとに束ねられる

大坂城に入った真田幸村(堺雅人)。ところが誰を総大将にするかで豊臣方の浪人達が揉めてしまいます。一方、上田では幸村に合流しようとする堀田作兵衛(藤本隆宏)とそれを阻止しようとする真田信之(大泉洋)との間で問題が発生。

NHK大河ドラマ真田丸のあらすじとねたばれを書いています。ドラマの内容ををもとに書いてるため、歴史的上の通説と違う場面があるかもしれません。ご容赦ください。

真田丸第42回「味方」あらすじとねたばれ

スポンサーリンク

真田幸村が大坂に入ったことを知る徳川家康

徳川家康(内野聖陽)は九度山村を出た真田幸村が大坂城に入った知らせを受け取ります。真田昌幸の名声を不安に思っていた家康は、大坂城に真田の名を持つ武将が入ることを恐れていました。家康は出陣を早めます。

大坂に行きたい堀田作兵衛

真田信繁(幸村)が大坂城に入ったことを知った堀田作兵衛は自分も大坂に行き、徳川家康と戦うことを決断します。それを知った真田信之は作兵衛を行かせまいと、作兵衛の前に立ちふさがります。真田家はもう徳川に仕えることにしたと言う信之。作兵衛を切ろうとする信之、しかし腕の痺れで刀を落としてしまいます。作兵衛はそれを信之の許しだと思ってその場を立ち去り大坂に行きます。

まとまらない浪人衆

豊臣方は徳川軍を迎え撃つため準備を進めます。総大将にするかでもめていました。豊臣秀頼(中川大志)は真田幸村に全軍の指揮を任せようと考えていましたが、後藤又兵衛(哀川翔)と毛利勝永(岡本健一)が反対。これには大野治長(今井朋彦)も頭を抱えてしまいます。そこで幸村はある策を考えます。誰か一人が総大将になるのではなく5人の武将がそれぞれを率いることを提案。浪人達もそれを認めました。