真田丸第48回「引鉄」あらすじ

幸村は家康の暗殺を計画。大坂城内では血気にはやる浪人たちが戦支度を始めます。再び徳川との戦いが目前に迫ってくるのでした。

1月日放送のNHK大河ドラマ真田丸のあらすじとねたばれを書いています。ドラマの内容ををもとに書いてるため、歴史的上の通説と違う場面があるかもしれません。ご容赦ください。先にストーリーを知りたくない方は注意してください。

真田丸第48回「引鉄」あらすじとねたばれ

スポンサーリンク

幸村は家康暗殺を計画

真田幸村は有楽斎に徳川家康の暗殺計画を提案します。有楽祭が家康と繋がっていることを利用してその裏をかこうとしたのでした。佐助を放って家康の暗殺を行いますが、佐助が倒したのは家康の影武者でした。幸村は有楽斎が家康とつながっていることを確信。抜刀して大坂城からの立ち退きを求めます。有楽斎は城から逃げ出して隠居するのでした。

幸村は真田信吉たちと合う

徳川との戦いが迫っていると考えた幸村は、茶臼山に新たな陣を作るとともに。浪人たちの気持ち休めるため身内など親しいものを城に出入りさせることを秀頼に提案し許可を得ます。幸村も真田信之の息子達に会いに行きました。ところが真田信政と大介が喧嘩になってしまいます。

血気にはやる浪人たち

大阪城では大野治房が勝手に蔵を開け一部の浪人たちに金を与えました。不満が出ることを心配した秀頼はすべての浪人に金を与えます。浪人たちは武具を買い求め戦支度を始めます。治房は勝手に堀を掘り返しはじめました。家康は大阪が戦支度をしていると判断。大坂攻めの準備を始めます。