真田丸に新しい出演者決定 真田信吉・信政・大助、千姫ほか

真田丸 出演者

2016年NHK大河ドラマ「真田丸」新しい出演者が決定しました。

今回は、真田信之の息子、信吉、信政。豊臣秀頼の正室・千姫。真田信繁の息子・大助役。新しく決まった人々を紹介します。

スポンサードリンク


真田 信吉(さなだ のぶよし)

広田 亮平

真田信之の息子。母はおこう。大坂の陣では病気の信之に代わって真田軍を率いて出陣します。信之のあとを継いで沼田藩主になります。

広田 亮平の大河ドラマ出演作
功名が辻(2006年) 豊臣秀頼(幼少)
軍師官兵衛(2014年) 竹中重義 
花燃ゆ (2015年)  吉田小太郎
3回出演していますが登場回数は少なく本格的な大河は今回が初めてといってもいいかもしれません。幼少期の秀頼を演じているんですね。今回は秀頼に敵対する役です。

真田 信政 (さなだ のぶまさ)

大山 真志大河 (ドラマ初出演)

信之の息子。母はお稲。兄・信吉とともに大坂の陣に出陣します。信之の隠居後松代藩主となります。

なお、当初は信政役に高畑裕太が予定していました。事件により急遽出演が決まりました。

真田 大助 (さなだ だいすけ)

浦上 晟周(大河ドラマ初出演)

真田信繁の息子。母はお春。信繁につき従って大坂の陣に参戦。大阪城落城時に自害します。

千姫 (せんひめ)

永野 芽郁

徳川秀忠の娘。母はお江。7歳で豊臣秀頼の正室に迎え入れられるも大坂の陣が始まります。落城寸前に城を脱出します。

永野 芽郁の大河ドラマ出演作
八重の桜 (2013年)  山川常盤
八重の幼馴染で会津若松藩山川浩の娘役でした。

小野 お通 (おののおつう)

八木 亜希子(大河ドラマ初出演)

和歌や書道が得意な一流文化人。高台院(お寧)に仕え、悩める真田信之の心に支えになっていきます。

八木亜希子さんはフリーアナウンサーで、大河ドラマ初出演。

木村 重成 (きむら しげなり)

白石 隼也(大河ドラマ初出演)

豊臣家家臣。大坂の陣が初陣という若い武将。若いながらも秀頼を補佐する重臣の一人として仕えました。大坂の陣で戦死。

コメント

  1. コウイチ より:

    文也様。こんばんは。信吉に信政、そして大助も登場するようですね。大河ドラマ真田丸も後半に突入し、ますます目が離せなくなり、毎週日曜が楽しみです。
    今まで忠実に真田源次郎信繁で名前を通してきていましたが、幸村の名も、今後出るようで、その点が、どのような演出になるのか、また楽しみです。

    • 文也 より:

      コウイチ様、こんにちは。真田家も次の世代の武将たちが出てきますね。大坂の陣は関ケ原から14年後なので年を感じます。「幸村」は大坂の陣から使ったことにするのでしょうね。個人的には、兄が使うのをやめた「幸」の字を信繁が引き継いだ形にするのかなと思います。