真田丸第36回「勝負」あらすじと解説

真田昌幸と信繁は信幸と別れ、本拠地上田に向かいます。
しかし、昌幸親子の前に立ちふさがったのはお稲。
上田に戻った昌幸親子は徳川軍を迎え撃ちます。
いよいよ第二次上田合戦の始まりです。
徳川との戦いに勝った真田昌幸・信繁親子たち。
しかし喜びもつかの間。関ケ原では石田三成たちが破れていました。

NHK大河ドラマ真田丸のあらすじと解説を書いています。
ドラマの内容をもとに書いてるため、歴史的上の通説と違う場面があるかもしれませんがご容赦ください。

真田丸第36回「勝負」あらすじ

スポンサードリンク


沼田に立ち寄った昌幸にお稲がとった行動は・・・

お稲とおこうは本拠地の沼田に戻りました。
そこで真田信幸が徳川家康に味方したことを知ります。

一方、真田昌幸と信繁と本拠地の上田に向かっていました。

途中の寺で休憩する昌幸たち。
すると子供たちをつれて沼田城に帰る途中の稲とおこうに会いました。

犬伏と上田の間にある沼田に立ち寄った昌幸たち。沼田城に入ろうとしましたが、なんとお稲は昌幸を城に入れようとしません。鎧を着こんで昌幸たちの前に立ちふさがりました。
お稲は家康に味方した信幸が、石田三成に味方した昌幸たちと内通してると疑われるのを嫌ったのでした。

補足:小松姫(稲姫)を語るうえであまりにも有名なエピソード。歴史学者の中には、信幸の妻は大阪で人質になってるはずだから沼田にいるはずがない。という人もいます。でもお稲を出したらこのエピソードを省略するわけにもいきませんよね。それに信幸の妻とあるだけで、小松姫(お稲)なのか清音院(おこう)なのか、どっちのことを言ってるのかわからない資料もあるんです。

言い伝えでは、子供をつれた小松姫と昌幸が面会したのは沼田城で追い返した後。ドラマでは前後が逆になりましたが。一応は再現したかたちになりました。

徳川軍に残った真田信幸は

徳川家康は上杉攻めをやめ、石田三成と戦う決断をしました。

信幸は徳川家康に昌幸と信繁が裏切ったことを伝えます。
家康は秀忠に上田攻めを指示。
信幸は上田攻めの先方を命じられます。

信幸は秀忠の軍に組み込まれ、出陣します。

信幸と戦いたいたくない信繁は

真田家は敵味方に分かれたものの。
信繁は真田同士が戦わないための方法を考えます。

信繁は上田城から離れた戸石城に籠ります。信幸がそこをせめたら、矢沢三十郎が内通者のふりをして門を開き、信幸軍が突入することに。

信幸はそのまま戸石城の守りにつき、上田城攻めには加わりませんでした。

いよいよ始まる第二次上田合戦。
第一次上田合戦の失敗を繰り返さないように慎重に戦を勧める本田正信。
正信は城下の稲を刈り、真田軍の兵糧を奪う作戦に出ます。
昌幸は部隊を出して米を奪い返すとともに、徳川の陣地も襲撃。
小競り合いが続く中。秀忠のもとに家康から関ケ原に来るようにとの命令が届きます。
信繁が秀忠の陣を襲った時には秀忠が引き払った後でした。

解説:昌幸は降伏するふりをして時間を稼ぎました。
戸石城を攻めたのは信幸軍でしたが、戸石城を守っていた信繁は戦わずに城から撤退します。真田同士の戦いを避けたのでしょう。攻めてきたのが信幸なら戦わずに撤退するというのは、昌幸の考えた作戦だったのかもしれません。

上田城攻めでは途中まではドラマと一緒ですが。ゲリラ戦を繰り返す真田軍にしびれを切らして、城まで攻めていっては被害を出したり、川に落ちて溺れる者もあり。徳川軍は被害がでるものの上田城を落とすことはできませんでした。そうしている間に家康から関ケ原に来るようにとの命令が届き上田からは撤退しました。

一瞬で終わる関ケ原の戦い

石田三成と大谷吉継も挙兵。
徳川家康と戦うために軍を進めます。
そしていよいよ関ケ原の戦いが始まりました。

補足:真田丸のドラマは歴史上どんなに有名な出来事でも真田家のかかわっていないものはあまり再現しないという方針で作ってます。だから歴史上は大きな意味を持つ関ケ原の戦いも省略。あくまで真田家の人々にとっては上田合戦が重要なんです。関ケ原にいなかった人は関ケ原の戦いの結果は人から聞くしかなかった。自分たちは勝ったのに、よそでは味方が負けて大ピンチになる。その驚きと辛さを視聴者にもわかってほしいという制作者の方針のようです。

上田を守り浮かれ気分の昌幸たちに悲報が届く

昌幸たちは徳川秀忠の軍から上田を守りました。
徳川の大軍から領地を守って大喜びの真田家の人々。
昌幸は家臣たちと祝宴を開きます。
そこへ上方の動きを探っていた佐助が戻ってきます。

重苦しい佐助の雰囲気に気が付いたのは信繁だけ。
浮かれる家臣を制して、信繁は佐助の報告を聞き出します。
佐助の口から語られたのは予想外の結果。
関ケ原で石田三成と徳川家康の軍がぶつかったこと。
石田三成が負けたこと。
大谷吉継が戦死したこと。

真田家中に衝撃が走ります。