「べっぴんさん」小澤(多田)良子のモデル 田村江つ子

連続テレビ小説「べっぴんさん」ヒロイン坂東すみれの親友・多田良子(小澤良子)。多田良子にはモデルになった人物がいます。ファミリアの創業者の一人、榎並江つ子(田村江つ子)です。

田村江つ子は企業家の父を持つ箱入り娘。裁縫や刺繍、絵が大好きな女の子でした。戦争で豊かな生活が一転。苦しい生活を経験します。そんなとき相談を受けたのが手芸店の話。

ファミリアの創業4人の中でも坂野惇子と一番付き合いが長いのが田村江つ子なんです。田村江つ子とはどんな人だったのか紹介します。

 田村江つ子(榎並江つ子)のおいたち

名前:田村江つ子(たむら えつこ)
旧姓:榎並(えなみ)
生年:大正8年(1919年)
生誕地:兵庫県神戸市
父:榎並充造 
  バンドー化学株式会社、内外ゴム株式会社の創業者
母:榎並てる

江つ子の実家、榎並家は神戸で江戸時代より続く質屋を営んでいました。

父・榎並充造は阪東式調替合資会社(現在のバンドー化学株式会社)と内外護謨合資会社(現在の内外ゴム株式会社)を設立して経営していました。商工会議所の会頭を務めるなど自分の会社の経営だけでなく忙しかったようです。

江つ子は箱入り娘として育てられました。
親友となる惇子も企業家で国会議員の父に育てられ。似たような価値観をもっていたのかもしれません。

スポンサーリンク

生涯の親友・佐々木(坂野)惇子と出会う

昭和6年(1931年)。江つ子は甲南高等女学校(現在の甲南女子大学)に入学。
佐々木惇子(坂野惇子)と知り合います。一緒に手芸をするなど仲が良かったといいます。惇子が通夫と交際を始めたときには恋愛の相談相手にもなりました。江つ子と惇子は親友となりその関係はファミリア設立後も続きます。

絵画の才能を発揮

江つ子は、小学生のころ書いたクレパス画が毎日新聞の児童画展で入選します。それがきっかけで絵を描くことが好きになり、ました。甲南高等女学校時代は画家・亀高文子の創設した赤艸社女子絵画研究所に通って絵画を勉強しました。

江つ子は結婚するまでにいくつかの洋画展で入選するなど絵画の才能を発揮しています。

アップリケの第一人者・北島政子、洋裁で有名な木川章子らに学び。カネボウのデザイナー・田中千代には個人的に教えを受けていました。

お嬢様ならではの英才教育を受けていたんですね。江つ子は手芸の腕前はプロ級でした。このことが後のファミリアの物つくりに生きてきます。

田中寛治郎と結婚

昭和15年(1940年)。女学校を卒業した江つ子は田村寛次郎と結婚します。寛次郎は繊維商社田村駒の創業者・田村駒治郎の次男です。

ベビーナースの下岡仲子に西洋式の育児を学びました。

太平洋戦争が始まると寛次郎が召集され中国大陸へ派遣されます。
江つ子は二人の娘とともに有馬に疎開します。昭和20年8月5日の神戸空襲で、家は燃えてしまいます。終戦後は芦屋に家を借りて夫の帰りを待ちました。

昭和21年(1946年)。夫・寛次郎が戻ってきました。同じころ惇子の夫・通夫も帰国し再開しました。

ファミリア

戦後は物が不足していました。姉の古着をもらいそれを参考に、自分の着物をほどいて子供服を作っていました。

夫・寛次郎の会社田村駒はトラブルにあって不安定でした。そんなとき、坂野惇子から手芸店を始めると相談を受けます。江つ子は義姉(寛次郎の姉)・田村光子に相談しました。光子は洋裁を学んでいたからです。

江つ子は義姉・光子をさそって坂野惇子とともにベビーショップモトヤを始めました。

江つ子は手芸品の責任者でした。ところが、当時は妊娠中だったので甲南女学校時代の友人・不破孝子に手伝ってもらってました。出産後は育児のため孝子に手芸部門を担当してもらってました。不破孝子が結婚して退職したため、江つ子が再び手芸品の責任者になりました。

江つ子の手芸作品は非常に評判が高く。皇室関係者からも高い評価を受けました。

田中千代、北島政子、木川章子といった関西圏では当時最高の洋裁、手芸の専門家の指導を受けていましたし。絵画の才能もありました。

つまり裁縫の技術だけでなくデザインや色彩感覚も優れていたんですね。だからオリジナルデザインの刺繍やプリントの図案もできたんです。

やみくもに刺繍を増やすのではなく、子供たちがかわいく見えることにこだわり。子供やお母さんたちに喜ばれるデザインの手芸を作り続けました。

田村江つ子は、ファミリアの創業メンバーの中でも、最も坂野惇子との付き合いが長く。家族同士のつきあいのある親友でした。

ドラマの小澤良子は、田村江つ子とどう違う?

「べっぴんさん」で田村江つ子をモデルにしてるのが、小澤良子(多田良子)です。

すみれの女学校時代の同級生で手芸倶楽部のメンバーでした。洋服や小物を作るのが得意。明るくて3人組(多田良子、坂東すみれ、田坂君江)のムードメーカー的役割、少女雑誌が大好きで恋愛にも興味があるという設定です。

女学校を卒業後は小澤勝二とお見合い結婚して息子を出産します。

良子と勝二は15歳年が離れて勝二が気にして良子に気を使ってますよね。でも。
江つ子と寛治郎は4歳しか離れていません。

実は年が離れているのは村井ミヨ子と村井完一なんですね。13歳の歳の差がありミヨ子は最初は結婚を嫌がったそうです。

村井ミヨ子はドラマでは村田君江のモデルになったようです。

また、江つ子の絵画の才能があるという部分はドラマでは村田君江(田坂君江)に引き継がれてるようですね。

村田君江は少しばかり江つ子とミヨ子の特徴が混ざってるようです。

連続テレビ小説 べっぴんさん Part1 (NHKドラマ・ガイド)
渡辺 千穂 NHK出版 2016-09-26
売り上げランキング : 331

by ヨメレバ