5.4 江戸時代の人々

スポンサーリンク
5.4 江戸時代の人々

有馬新七と尊王派が命を落とした寺田屋騒動

有馬新七は薩摩でも強硬な尊王攘夷派でした。 西郷隆盛とも交流がありましたが、彼らとは意見があわず倒幕のため京都で決起をおこそうとします。 有馬たちの行き過ぎた行動は、島津久光の怒りをかいます。有馬は久光の送った使者と斬りあいになって命を...
5.4 江戸時代の人々

瑤泉院(阿久里姫)赤穂浪士を支え無念を晴らす

浅野内匠頭の正室・阿久里姫。 瑤泉院(ようぜんいん)ともいいます。 浅野内匠頭が切腹後は陰ながら赤穂浪士を支えたといわれます。 吉良邸討ち入り後も、赤穂浪士の遺児の命を救ったりと活動しているんですよ。 阿久里姫はどんな人だったの...
5.4 江戸時代の人々

村松 三太夫 高直・高齢の父を追った赤穂義士

村松 三太夫は吉良邸に討ち入った赤穂四十七士の一人です。 生きて母に孝行しろと言われながらも、父を追いかけて赤穂に行き、討ち入りのメンバーに加わります。 討ち入りでは高齢だった父の分まで働くと意気込み、裏門から一番に突入し、屋敷内で奮戦...
5.4 江戸時代の人々

礒貝十郎左衛門正久・内匠頭の側近は美青年の赤穂浪士

礒貝十郎左衛門は吉良邸に討ち入った赤穂四十七士の一人です。美青年だったという話が伝わっており、浅野内匠頭のお気に入りの小姓でした。 匠頭切腹後、すぐに仇討ちを主張した一人です。赤穂浪士のなかでも最も過激な報復を主張するグループの一員で、独...
スポンサーリンク