ジハンギル皇子はムスタファの処刑にショックを受けて急死した?

スポンサーリンク

ジハンギルはオスマン帝国の皇子。父スレイマン1世はオスマン帝国第10代皇帝。領土を拡張しオスマン帝国の全盛期を築いた皇帝です。母ヒュッレムはオスマン帝国史上最も発言力のあった皇后といわれます。

ジハンギルはスレイマンとヒュッレムとの間に生まれた最後の子供です。病弱でしたが頭が良かったともいわれます。異母兄弟のムスタファとは仲がよく彼の死を聞いてショックを受けたといわれます。

ジハンギル皇子について紹介します。

スポンサーリンク

ミフリマーフの史実

名前:ジハンギル(Cihangir)
地位:オスマン帝国皇子(シェフザーデ:Şehzade)
生年:1531年
没年:1553年
父:スレイマン1世(SüleymanⅠ)
母:ヒュレッム(Hurrem)

1531年。皇帝スレイマン1世と愛妾ヒュッレムとの間に生まれました。

スレイマン1世とヒュッレムの最後の子供です。

生まれつき病弱でいくつかの健康上の問題をもっていたようです。その病気のひとつが腸疾患だといわれます。

1533~34年ごろ。母ヒュッレムが正式にスレイマン1世と結婚。皇后になりました。

そのため早くから王位継承争いからは外されていました。

しかし父・スレイマンや母・ヒュッレムの愛情を受けて育ち教育も受けました。健康面に不安はありましたが、頭脳は明晰だったようです。多くの書物を読み知識を蓄えました。スレイマンの息子たちの中で最も頭が良かったともいわれています。

皇子は成人すると地方の都市の知事になって政治を学びます。しかし健康上の問題で知事になることはできませんでした。

兄たちはムスタファとの王位継承争いをしていましたが、ジハンギルはムスタファとは仲がよかったようです。

ところが、オスマン帝国とサファヴィー朝ペルシャの戦争のさなか。1553年にムスタファが謀反の疑いをかけられて処刑されました。

ジハンギルはその報告を聞いたとき、ムスタファは無実の罪で殺されたのだと思いました。そして精神的なショックでうつ状態になり、食欲もなくなって健康状態が悪くなっていきました。そして一ヶ月後、コンヤの街で死亡しました。ジハンギルの遺体はイスタンブールに運ばれ、兄メフメドと同じモスク(シェザードモスク)に埋葬されました。

地名になったジハンギル

イスタンブールにあるジハンギル地区の名前の由来にもなっています。スレイマンがボスポラス海峡を見下ろす場所に木造のモスクを建てたとき皇子の名にちなんでモスクをジハンギルと名付けました。そしてその周辺もジハンギルと呼ばれるようになったのです。この場所は生前のジハンギルがお気に入りの場所だったからです。

スレイマンには末息子の死がショックだったようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました