ダレイオス3世:アレクサンドロス3世に敗れたアケメネス朝ペルシャ最後の王

ダレイオス3世はアケメネス朝ペルシャの皇帝です。

アレクサンドロス3世(アレキサンダー大王)との戦いに敗れアケメネス朝ペルシャの最後の王になりました。

インドドラマ「ポロス・インド古代英雄伝」では最初は商人として登場しますがあとで本性を表します。

ダレイオス3世とはどんな人だったのでしょうか。

ダレイオス3世 とは

王としての名前:ダレイオス3世(Darius III)
即位前の名前:アルタシャタ
地位:アケメネス朝ペルシャ国王
生 年:紀元前380年ごろ
没 年:紀元前330年
父:アルサメス 
母:シシュガンビス
妻:スタテイラ1世
子:スタテイラ2世、ドリュペティス

ダレイオス3世は王に即位したあとの名前。即位する前はアルタシャタだったといわれます。

父アルサメスはペルシャの王族ですが王位継承からは外れた傍流の家系でした。ダレイオスも王位を継承する予定もありませんでした。

ダレイオスはペルシャの役人になってアルメニア州の総督を務めました。王族でありながら地方で暮らしていたダレイオスですが、彼を有名にさせる出来事が起こります。

カドゥシオイ人の反乱鎮圧で王の友に

アルタクセルクセス3世の時代。紀元前355年以降。ペルシャに服従していたカドゥシオイ人が反乱を起こしました。カドゥシオイ人はカスピ海南西部に住む人々です。ダレイオスは将軍の一人として参戦。この戦いで一番活躍したのがダレイオスです。ダレイオスは王室の特使としても活躍してアルタクセルクセス3世から「王の友」と言われるほど信頼を得ました。

内乱でペルシャの王になる

紀元前336年。ペルシャ国王で内紛が起こります。宰相バゴアスによって国王アルタクセルクセス4世と彼の息子たち殺害されてしまいます。ペルシャ王家には直系の跡継ぎがいなくなりました。父アルサメスもすでにいません。

宰相バゴアスが担ぎ出したのがダレイオスでした。バゴアスはダレイオスが操りやすいと考えて王にしたのです。ところがダレイオス3世はバゴアスの思い通りにはなりませんでした。バゴアスはダレイオス3世も毒殺しようとしました。それに気がついたダレイオス3世がバゴアスを毒殺しました。

ギリシャとの対立

長年ペルシャはギリシャと対立していました。

紀元前336年。ピリッポス2世はコリント同盟を結びギリシャをまとめペルシャと対決を決めます。まもなくピリッポス2世は死去しましたが、アレクサンドロス3世が引き継ぎました。

紀元前334年。アレクサンドロス3世率いるギリシャ軍が小アジアに上陸。ペルシャ軍とギリシャ軍の戦いになりました。ダレイオス3世はギリシャで唯一アレクサンドロス3世に従わないスパルタと手を組んでギリシャで反乱を起こさせました。しかしスパルタの反乱は鎮圧されダレイオス3世の計画は失敗しました。小アジア(アナトリア半島:現在のトルコ東部)はギリシャ軍に占領されました。

イソッソスの戦い

紀元前333年。現在のトルコ・イスケンデルン付近にあったイソッソスという場所で戦いが起こりました。ダリウス3世はダレイオス3世は軍を率いてイソッソスを占領。ギリシャ軍の背後をとりました。兵力の詳しい数はわかりませんが、ペルシャ軍の兵力は推定10万。ギリシャ軍は4万とされています。数ではペルシャ軍が優勢です。

ペルシャ軍は引き返してくるギリシャ軍に攻撃を仕掛けました。しかし戦場になったのは大軍が動きにくい狭い地形でした。アレクサンドロス3世は騎兵と重装歩兵をうまく使ってペルシャ軍を壊滅させました。

ダレイオス3世は、アレクサンドロス3世が率いる騎兵隊が向かってくると逃げ出しました。鎧や武器まで放り出して逃げたといいます。王が逃げたのを知ったペルシャ兵は総崩れになります。

ペルシャ軍の大敗でした。ペルシャの王が参加した戦いで負けたのは初めてでした。戦いに同行していたダレイオス3世の妻スタテイラ1世と娘のスタテイラ2世とダレイオスの母、シシュガンビスが捕虜になりました。アレクサンドロス3世は彼女たちを丁重にあつかい後にスタテイラ2世を妻にしました。

ダレイオス3世はアレクサンドロス3世に和睦を申し入れますが拒否されます。

その後、ダレイオス3世はアレクサンドロス3世がエジプトに遠征に出ている間に軍を立て直します。

紀元前331年。メソポタミア川流域のガウガメラでギリシャ軍を迎えうちました。しかしペルシャ軍はこの戦いでも敗れて、またしてもダレイオス3世は逃走してしまいます。

大軍を率いながら敗退して逃げたダレイオス3世は将兵たちの信頼を失います。

紀元前330年。ダレイオス3世はバクトリア総督でのペルシャの将軍でもあったベッソスたちによって殺害されました。

その後、ベッソスは自らペルシャ王を名乗ります。ベッソスはアレクサンドロス3世と戦って敗退、処刑されました。歴史上はベッソスはペルシャの王とは認められていません。ダレイオス3世がアケメネス朝ペルシャ最後の王です。