イサベル1世(カスティーリャ女王)はスペイン黄金時代の基礎を作った

スポンサーリンク

イサベル1世(Isabel I de Castilla)はカスティーリャ女王。

ドラマ「イサベル・波乱のスペイン女王」のヒロインです。

カスティーリャ王国は現在のスペインにあった国。カスティーリャ王国はアラゴン王国と合併してスペイン王国の中心的存在になりました。コロンブスのアメリカ大陸「発見」もイサベル1世時代のできごとです。

スペイン王国は世界各地に植民地を持ちました。その黄金時代の基礎を作ったのがイサベル1世です。

イサベル1世について紹介します。

スポンサーリンク

カスティーリャ女王・イサベル1世の史実

名前:イサベル1世(Isabel I )
地位:カスティーリャ女王
生年:1451年4月22日
没年:1504年11月26日
父:フアン2世(カスティーリャ王国国王)
母:イサベル・デ・ポルトゥガル
夫:フェルナンド2世
弟:アルフォンソ
子供:1男4女

日本では室町時代。日野富子(1440~1496年)とほぼ同じ時代の人です。

イサベルがたくさん

イサベルや同じ意味の名前はキリスト教圏には多い名前です。とくにスペイン・ポルトガルにはイサベルという名の女性がたくさんいます。

イサベル1世の母もイサベル・デ・ポルトゥガル。祖母はイザベル・デ・バルセロス。ちなみにイサベル1世の名は祖母からもらった名前です。

スペイン・ポルトガルには他にもポルトガル王妃でカトリックの聖人になったイサベル・デ・アラゴン(聖イザベル)。19世紀のスペイン女王イサベル2世などがいます。

イサベルのおいたち

父親のフアン2世はカスティーリャ王国の国王。

母のイサベル・デ・ポルトゥガルはフアン2世の2番めの妻。ポルトガル王ジョアン1世の娘です。弟にはアルフォンソがいます。

異母兄にはエンリケ4世がいます。エンリケ4世はフアン2世と前妻マリア・デ・アラゴンとの間に生まれた子供です。

イサベルが3歳のときに父フアン2世が他界。

異母兄のエンリケ4世が王になりました。エンリケ4世によってイサベル姉弟と母はアレバロ城に移されます。その後、イサベルと弟のアルフォンソは宮殿に移されました。母イサベル・デ・ポルトゥガルはアレバロに残され厳しい生活に耐えられず精神を病んでしまいます。

エンリケ4世と貴族の対立で内乱が起こる

異母兄エンリケ4世は政治に興味を失い貴族たちの反感をかっていました。さらにエンリケ4世には息子が生まれませんでした。王女フアナが生まれましたが、貴族たちはフアナを「エンリケ4世の子ではない」と信じていていました。

1464年。エンリケ4世と対立した貴族たちはイサベルの弟・アルフォンソを次の王にしようと動き出します。弟のアルフォンソにアストゥリアス公の称号が贈られました。アストゥリアス公とは次の王に与えられる称号です。

アルフォンソは貴族たちはアルフォンソのもとに集まり、エンリケ4世の人形を裁判にかけて廃位してアルフォンソが王だと宣言しました。これを「アビラの茶番劇」といいます。現実にはエンリケ4世が王のままでしたが、有力な貴族がアルフォンソのもとに集まっていたため、カスティーリャ王国は内乱になります。

1468年。内乱のさなかにアルフォンソが15歳の若さで病死。貴族たちはイサベルを王にしようとします。イサベルは戦いを望まず和平を希望しました。エンリケ4世も貴族の勢いには逆らえません。

交渉の結果、イサベルは王太子になりました。しかし「イサベルの結婚はエンリケ4世の許可が必要」という条件が付けられました。

イサベルの結婚

イサベルは兄エンリケ4世によってポルトガル王と結婚させられそうになっていました。そこでイサベルはアラゴン=カスティーリャ王国のフェルナンドを結婚相手に選びます。

イサベルとフェルナンドの結婚はアラゴン王フアンの思惑が影響していました。フランスや外国の圧力に苦労していたアラゴン王はカタルーニヤと連合して対抗しようとしていたのです。そこで次男のフェルナンドとカスティーリャ王女イサベルの結婚をすすめたのでした。カスティーリャ王エンリケ4世の反対はありましたが、イサベルにはエンリケ4世に反対する貴族たちの指示があり、アラゴン王の思惑通りにイサベルとフェルナンドの結婚が行われました。
イサベルとフェルナンドは密かに結婚式を行いました。

しかしエンリケ4世は協定違反だと怒って娘のフアンを後継者に指名します。しかしエンリケ4世は病気になり間もなく死亡します。

王座を巡って内戦

1474年。エンリケ4世が死亡。イサベルはカスティーリャ国王になりました。 

イサベル1世が即位すると、反発する貴族もいました。彼らはエンリケ4世の娘フアナ・ラ・ベルトラネーハが正当な女王だと主張したのです。しかしフアナ派は少なかったのでポルトガルに助けを求めました。

1475年5月。ポルトガル王アフォンソ5世は軍を率いてカスティーリャに侵入しました。アフォンソ5世はフアナと結婚。フアナは支持者たちに自分が正当なカスティーリャ女王だと訴えます。

まもなくアフォンソ5世はフェルディナンドの軍と戦いました。1年近く戦いましたが、勝ったり負けたりを繰り返して決着はつきません。

しかしイサベル1世は「戦いに勝った」という情報を国内に広めます。フアナを支持していた貴族たちはフアナへの指示を辞めます。カスティーリャの貴族の援助をうけられなくなったフアナはポルトガル軍とともにポルトガルに撤退しました。

さらにイサベル1世とフェルナンドは国内の反対派を排除します。

1479年。アフォンソ5世はイザベラをカスティーリャ女王と認め、ポルトガルとの争いは終わりました。

カスティーリャ=アラゴン連合王国の共同統治者になる

1479年。夫フェルナンドの父フアン2世が死亡。アラゴン国王になりました。ここにカスティーリャ=アラゴン連合王国が誕生。イサベル1世とフェルナンド2世は共同統治者になりました。

そのためイサベルは王妃ではなく「自分が女王」だという意識を強く持っていました。 

イザベラの時代にはカスティーリャ=アラゴン連合王国の総称として エスパーニャ(España)の名前を使いはじめます。スペイン(イスパニア)と呼ばれる国の誕生です。しかしイサベルの時代は国名にはカスティーリャやアラゴンを使い、エスパーニャは地域名として使っていました。

レコンキスタの達成

イベリア半島は8世紀にイスラム教の国に征服されました。その後キリスト教国が領土回復しようと戦いが続いていました。その戦いをレコンキスタといいます。意味は「再征服」です。日本では「領土回復運動」と訳されることもあります。

イサベルが生きた時代にはイベリア半島に残るイスラム勢力はイベリア半島南部のグラナダ王国のみでした。

グラナダは交易で賑わう豊かな国でした。しかし1482年。グラナダ王国で王位継承をめぐって内乱が起こります。好機と考えたカスティーリャ=アラゴン連合王国はグラナダに攻め込みます。

夫・フェルディナンドは戦場で戦い、イサベルは補給物資を送ったり軍資金の確保を担当。2人は役割を分担して勝利を目指しました。

1492年。アルハンブラ宮殿を陥落させ、グラナダ王国を攻め滅ぼしました。この勝利でイベリア半島からイスラム教国がなくなりレコンキスタが達成されます。

1496年。ローマ教皇アレクサンデル6世はこの偉業を褒め称えます。イサベル1世とフェルナンド2世はローマ教皇から「カトリック両王:Reyes Católicos」の称号が与えられました。

レコンキスタの完了によってイベリア半島で暮らしていたユダヤ教徒やイスラム教徒にとっては暮らしにくくなります。彼らはキリスト教徒に改宗して住み続けました。しかしフェルナンドはローマ教皇の許可をとって国内で異端尋問をはじめました。イサベル1世の時代以降、スペイン国内でユダヤ人やイスラム教徒への弾圧が激しくなります。

コロンブスへの援助

コロンブスは大西洋を横断して、西廻り航路でアジア向かう計画をたてました。貴族のメディナ・セリ公はコロンブスを援助しようと考え、カスティーリャ王室の許可を求めます。しかしカスティーリャ王室の許可はなかなかおりませんでした。当時はレコンキスタの真っ最中だったので財政上の余裕がなかったのです。

1492年。グラナダが陥落。財政上の余裕ができた財務長官はイザベラ1世を説得。すっかり乗り気になったイサベル1世はフェルディナンド2世を説得。コロンブスへの援助を許可しました。

1492年8月3日。コロンブスはパロス港を出発。10月11日。バハマのサン・サルバドル島を発見。キリスト教国では始めてアメリカ大陸を発見しました。しかしコロンブスは最後まで「インド」だと思っていました。

1500年以降カスティーリャ王国(スペイン王国)はアメリカ大陸を植民地化して莫大な富を手にします。しかしその一方で地元住民は過酷な労働を強いられ、新大陸の富は搾取されました。しかしそれはイサベルよりもあとの時代。光と闇の部分はありますが、ともかくイザベラ1世はスペイン黄金時代の基礎を作ったのです。

1504年。バリャドリッドのメディナ・デル・カンポの王宮で亡くなります。享年53。

次女のフアナと結婚していたフェリペがカスティーリャ国王を名乗りますが国内の貴族の反発を受けて失脚。

その後、娘フアナが女王に即位しましたが形だけの女王です。フェルナンド2世が実権を握っていました。

イサベルの子どもたち

イサベル1世とフェルナンド2世の間には1男4女の子供がいました、しかし不幸な人が多かったのです。

イサベル(1470~1498年)ポルトガル王ジョアン2世の息子アフォンソと結婚。翌年に死別して帰国。マヌエル1世と結婚しましたが、出産後に死亡。

フアン(1478~1497年)ハプスブルク家のマルガリータと結婚後、若くして死亡。
フアナ(1479~1555年)。ハプスブルグ家のフェリペと結婚。フェリペが処刑されたため精神を病んでいましたが、父フェルナンドによって形だけの女王になります。
マリア(1482~1517年)。姉イサベルの死後、マヌエル1世と結婚ポルトガル王妃になります。

カタリーナ(1487~1536年)。イングランドのアーサー王太子と結婚。アーサーの死後、その弟ヘンリー8世と結婚。メアリーを出産しますが、離縁されます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました