狂女フアナ 精神を病んだカスティーリャ女王

王女フアナはカスティーリャ女王イサベルの娘。

精神を病んでいたことから狂女フアナ(Juana la Loca)とも呼ばれます。

フアナは母イサベル1世の死後、カスティーリャの女王になります。

精神を病みながらも王位への執着は最期まで衰えませんでした。

カスティーリャの王女フアナについて紹介します。

王女フアナの史実

名前:フアナ(Juana)
地位:カスティーリャ王女
生年:1479年11月6日
没年:1555年4月12日)
父:フェルナンド2世(アラゴン王)
母:イサベル(カスティーリャ女王)
夫:フィリップ(美公)
子供:レオノール、カルロス、イサベル、フェルナンド、マリア、カタリナ

日本では室町時代。日野富子(1440~1496年)と同じか若干あとの時代です。

 フアナの生涯

1479年。フアナが生まれました。母はカスティーリャ女王イサベル1世、父フェルナンドはアラゴンの王子でしたが1479年にアラゴン王になりました。

フアナが生まれた年、両親がともに国王になりカスティーリャ・アラゴン連合王国が誕生しました。

フアナはイサベルの次女でした。

幼い頃は読書好きで内気で一人で過ごすのが好きな少女でした。

ところが1495年ごろまでにフアナはカトリックの信仰に対して疑問をもつようになりました。キリスト教の礼拝や儀式にも消極的になりました。カトリックの熱心な信者だったイサベル1世は娘の態度に驚きます。イサベル1世は娘がカトリックに熱心でないと人々に知られないように秘密にしました。

フィリップ美公と結婚

1496年。ハプスブルク家の神聖ローマ帝国皇帝マクシミリアン1世の長男フリップと結婚しました。フイリップは美男子だったため美公、端麗公とも呼ばれます。

フアナは2万2000人の従者、130隻の船によってネーデルランドに到着しました。しかし夫になるはずのフイリップは出迎えなかったのでがっかりしました。

婚礼の前日2人は初めて会いました。フアナは美男子のフリップが大変気に入りました。フィリップもフアナを気に入りました。彼女の希望で2人は質素な結婚式を行いました。新婚時代は二人の仲は大変よいものでした。2人の間には2男4女が生まれます。

しかしフリップが浮気をしたためフアナが激怒。フアナはひと目をはばからずフリップや相手の女に怒りました。このころから徐々にフアナの情緒は不安定になっていったといわれます。フイリップは次第にフアナへの愛情が冷めていきますが不仲というわけでもなく、フアナは熱烈にフリップを愛していました。

カスティーリャの王位後継者に

ところが兄フアン、姉イサベルが死亡。兄や姉が他界したのでフアナはカスティーリャの王位継承者・プリンセスオブアストゥリアスになりました。

1501年。フアナは夫フリップとともにカスティーリャに戻りました。

カスティーリャに到着したフリップはイサベルとフェルナンドにフアナは精神を病んでいるので自分に王位継承するように要求しました。しかしフィリップはカスティーリャ国が好きになれずネーデルランドに帰ってしまいます。一人残されたフアナは精神状態がさらにひどくなりました。体調をくずしたフアナは子供の養育はできなくなり兄弟に育ててもらいました。フアナはいったんネーデルランドに戻りました

イサベルは困りました。しかしフリップにも王の資質はないと判断します。そこでイサベルはフアナを女王にしてフェルナンドに摂政になってもら王と考え遺言を残します。

カスティーリャ女王になる

1504年。イサベルが死去。

フアナはカスティーリャの女王になりました。しかし当時はネーデルランドにいたのでカスティーリャの政治は父フェルディナンドが摂政になって行っていました。

フリップはイサベルの遺言を知って激怒します。フアナを脅したりなだめたりして王位継承を諦めるように要求しましたがフアナは認めませんでした。

1505年。フェルナンドはジェルメーヌ・ド・フォワと結婚。自分の血筋をアラゴンの王位後継者にしたかったので再婚を急いだのでした。

1506年1月。フアナとフリップはカスティーリャに向かうため船で旅立ちます。ところが嵐にあいイングランドに流れ着きました。イングランド王ヘンリー7世はフアナとフリップを歓迎しました。フリップとヘンリー7世は会談を行い政治や軍事で協力すると約束しました。

4月。フアナとフリップはカスティーリャに到着。正式にフアナが女王に即位しました。フェルナンドはフィリップに摂政の地位を与えると約束しましたが、フィリップは国王になってフアナと共同統治を主張しました。しかし議会はフィリップの要求を認めませんでした。その後、9月にフリップが急死します。

夫を失ったフアナはさらに精神が不安定になります。夫の埋葬を許さず、棺を馬車に乗せ放浪しました。

1507年。イングランド王ヘンリー7世から再婚話がきます。しかし話がまとまらないままヘンリー7世が死亡しました。

1508年。フアナは父フェルディナンドによってサンタ・クララ修道院のとなりにはる城館幽閉されました。フアナは人々から狂女(La Loca)と呼ばれました。

息子カルロスがスペイン国王に

1516年。摂政をしていた父フェルナンドが死去。長男カルロスがカスティーリャとアラゴンを統一したスペイン国王カルロス1世として統治をはじめます。カルロスはハプスブルク家の血筋も引いていたので神聖ローマ帝国皇帝カール5世としても即位しました。神聖ローマ帝国(ドイツ)・ネーデルランド・スペイン・イタリアを支配下に持つハプスブルグ帝国の誕生です。

カール5世(カルロス1世)はキリスト(カトリック)教国のリーダーとしてオスマン帝国皇帝スレイマン1世ともはげしく戦いました。

しかしフアナは精神を病みながらもカスティーリャ女王の地位への執着は失わず、譲位はは認めませんでした。

実際にはフアナは政治をできる状態ではなかったのでカルロス1世が政治を行いました。形の上ではフアナとカルロスの共同統治となっていました。書類にはフアナとカルロス1世の署名が必要でした。

それでもカルロス1世は母親を心配し、遠征から戻るたびに母親を見舞いました。

1555年。フアナが死去。享年75。

フアナは最期まで強烈な意思で女王の座にこだわり続けました。意思の強さは母親譲りだったようです。

フアナの登場するドラマ

イサベル・波乱のスペイン女王 2012年、スペイン
フアナ・狂乱のスペイン女王 2016年、スペイン
カルロス・聖なる帝国の覇者 2015年、スペイン