マヒデブラン=ギュルバハル:息子を失った悲劇の皇帝妃

マヒデブラン(Mahidevran)はオスマン帝国の第10代スルタン(皇帝)スレイマン1世の第1夫人です。

息子のムスタファが王位後継者の有力候補でしたが、陰謀に巻き込まれ命を失ってしまいます。

同じ時代には悪名高いヒュレム=ロクセラーナがいてライバル関係にありました。

トルコのドラマ「オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~」でもヒュレムと激しい闘いを繰り広げています。ドラマでは「皇帝妃」と訳されていますが王妃ではありません。婚姻関係は成立していないので側室(妾)あつかいです。

歴史上のマヒデブランはどのような人物だったのか紹介します。

マヒデブランとは

名前:マヒデブラン(Mahidevran)
地位:オスマン帝国愛妾(Baş Kadın)
別名:ギュルバハル(Gülbahar)
生年:1500年ごろ
没年:1581年
父:Mirza Abdullah Haydar Bey Idar?
母:
夫:スレイマン1世
子供:
長男・ムスタファ(Mustafa)
次男・セゼード(Sehzade)?
長女・ラズィーヤ(Raziye)

第一夫人のマヒデブラン

マヒデブラン(Mahidevran)はトルコの言葉で「美しい人」、もう一つの名前ギュルバハル(Gülbahar)は「春のバラ」を意味します。

ハレムに入ってスルタン(皇帝)に気に入られると新しい名前を与えられることがあるようです。

マヒデブランがハレムに来るまでのことはよく分かっていません。アルバニア系、コーカサス系などの説があります。いずれにしてもトルコからロシアの間にいた民族出身のようです。

アルバニア系の説では、マヒデブランの本名は「Rosne Pravane」で、アルバニアの裕福な音楽家Mirza Abdullah Haydar Bey Idar の娘だったといわれています。ドラマではこちらの説を採用しています。

出身がコーカサス系だった場合は「Malkhurub Bahar Idarovna」だろうといわれています。

マヒデブランは14歳でスレイマンのハレムに来ました。スレイマンはまだ皇太子でマニサの知事をしていました。当時のスレイマンのハレムには17人の女性がいました。ハレムの名簿に17人の名前があったというだけで全員がスレイマンと関係をもっていたとは限りません。おそらく選ばれるのは一部の人だと思われます。

1515年に長男ムスタファが産まれました。このときマヒデブランは16歳だったといわれます。

1520年にスレイマンが皇帝になると、オスマン帝国の首都コンスタンティノープル(現在のイスタンブール)に移動しました。

1521年。スレイマンにはムスタファの他にも2人の王子がいました。しかし次々と息子を亡くしました。この時点でムスタファが唯一の男子でした。マヒデブランは唯一の息子の母親として地位を高めました。

マヒデブランは正式な王妃ではありません。スレイマンのハレムで最も地位の高い主席夫人(Baskadın)の地位にいました。

しかしコンスタンティノープルのハレムにヒュレムが来ました。ヒュレムはすぐにスレイマン皇帝の寵愛をうけます。ヒュレムはマヒデブランの協力なライバルになりました。

1521。ヒュレムは王子メフメトを出産。マヒデブランは唯一の息子の母親としての立場を失いました。

1522年にスレイマンの息子セゼード(Sehzade Abdullah)が産まれましたが3歳で他界しました。セゼードの母はよく分かっていません。マヒデブランの産んだ子供だたという説があります。またヒュレムの子供という説もあります。

1525年には娘のラズィーヤ(Raziye)を出産しました。

しかしマヒデブランとヒュレムの対立はスレイマンの母親ハフサが抑えていたので表面的にはあまり問題にはなりませんでした。

ハフサの死後、マヒデブランとヒュレムの対立は目立つようになります。

ある日マヒデブランとヒュレムは口論になりました。ヒュレムはわざと自分の顔に傷をつけマヒデブランに傷つけられたようにスレイマンに思わせたといいます。ますますスレイマンはヒュレムに関心を持つようになりました。

物語では他にも二人が激しく対立している場面が描かれます。その多くは架空のエピソードで正式な記録としては残っていません。

1533年か1534年ごろ。ヒュレムはスレイマンと正式に結婚。王妃になりました。しかしマヒデブランは第一夫人(Baskadın)のままでした。

王子ムスタファの悲劇

1533年。息子のムスタファがマニサの知事に任命されました。オスマン帝国の王子は訓練のため知事になって働くことが期待されていたからです。マヒデブランはムスタファに同行してマニサに行きました。

1542年。ムスタファはアマスイヤの知事になりました。

ムスタファは王位後継者として期待されていました。兵士や民衆からの人気も高かったようです。

しかしヒュレムにも息子がいたので後継者争いがおこりました。

宰相のイブラハム・パシャが失脚してヒュレムの娘婿のリュステムが宰相になりました。

年老いたスレイマンは人気のあったムスタファに猜疑心をもつようになりました。ヒュレムや宰相リュステムがそのように仕向けたとも言われます。

1553年。サフアビー朝ペルシャとの戦いの最中にムスタファはスレイマンに呼び出されます。ムスタファがペルシャと内通して反乱を起こすという噂が流れたようです。

マヒデブランはそれまで築いた人脈を通してムスタファについての不吉な噂を知りました。どうやらスレイマンがムスタファを殺そうとしているようなのです。マヒデブランは使者を通してムスタファに伝えました。しかしムスタファは父親が自分を殺そうとしているとは信じませんでした。

ムスタファは、ペルシャとの戦いのため遠征したスレイマンに挨拶しようとスレイマンのテントに向かいました。しかしそこにいたのはスレイマンではなく死刑執行人でした。ムスタファはその場で捕らえられ処刑されてしまいました。

ムスタファは謀反の罪で処刑されたことになっていますが、謀反を企てたという証拠はありません。

ムスタファが処刑された数週間後、ムスタファの子供メフメドも処刑されました。マヒデブランは孫まで失ってしまいました。

スポンサードリンク


ムスタファ処刑後のマヒデブラン

ムスタファが処刑された後のマヒデブランは苦しい生活を送りました。王室から追放され、息子が葬られたブルサの町に行きそこで暮らしました。息子が処刑されたことでマヒデブランは罪人の母となり、王室から与えられた領地は没収されてしまいました。

マヒデブランは家賃も払えないほど苦しい生活をおくりました。彼女の召使いは町で罵倒されることもありました。

1558年。マヒデブランのライバルだったヒュレムが他界。

スレイマンの治世の終わり頃になってマヒデブランの生活はようやく改善します。

ヒュレムが死んだあと。ブルザ城にマヒデブランの困窮ぶりが伝えられ、それまで滞納していた約10年分の家賃が支払われました。

ブルザの人々はマヒデブランの生活が苦しいのは知っていたとは思いますが、ヒュレムが生きている間は表立って訴えることができなかったのでしょう。

マヒデブランの家はムスタファの異母兄弟セリムによって買い与えられました。

1566年。スレイマンが死亡。セリムが新しい皇帝になりました。

セリムの時代には、マヒデブランに年金が与えられました。息子の墓を維持して生きていくのに十分な収入があったといいます。残りの人生は尊厳を持って生きることができるようになりました。

マヒデブランは1581年に亡くなり、ムスタファと同じ霊廟に葬られました。

スレイマンやライバルよりも長く生きて彼女たちの人生を見届けた後亡くなりました。

「オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~」
Huluで放送中。
エピソード2も追加!

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中 です。