真田家

真田信幸・兄は弟以上に活躍した戦国武将だった

真田信幸(信之)ってあんまり有名じゃありません。 信繁(幸村)の兄というくらいしか知られてなくて、弟や父に比べるとなんとなく影の薄い存在。 知略を駆使して大大名相手に生き残りのサバイバルを行った父・真田昌幸。 大坂の陣で奮闘し、有名...
徳川家

本多正信・家康の最も信頼した重臣

徳川家康の重臣、本多正信。家康の天下取りを知略で支え、徳川幕府二代将軍秀忠の側近としても大きな力を発揮しました。大河ドラマ「真田丸」では近藤正臣が演じて早くも曲者らしさを漂わせています。過去の大河ドラマでは「江・姫たちの戦国」では草刈正雄(...
真田家

真田昌幸・武田家滅亡から上田合戦まで

武田家滅亡までの真田昌幸についてはすでにお話しました。 真田昌幸・武藤喜兵衛時代と武田家滅亡まで 武田家亡き後、真田家はどうなるのでしょうか。 全ては真田家当主、真田昌幸にかかっています。 今回は武田家滅亡後の昌幸についてお話します...
武田家

武田勝頼の最期と最後まで従った武将達

大河ドラマ「真田丸」など多くのドラマでは武田勝頼の最後はかなりあっさりと描かれてます。 勝頼の最後を詳しく描いたドラマってないですね。 そこで、織田・徳川連合軍の総攻撃が始まって武田家が滅亡するまでを詳しく紹介します。 織田・徳川の...
武田家

武田勝頼を突然裏切った小山田信茂ってどんな人?

大河ドラマ「真田丸」で、主君・武田勝頼に岩殿城に移動することを勧めながら直前で裏切ってしまう「小山田信茂(おやまだ のぶしげ)」いったいどんな人なんでしょう。信玄時代の小山田信茂小山田氏は鎌倉時代から続く甲斐の領主。甲斐国都留郡(現在の山梨...
家紋

真田家の家紋は六連銭だけではなかった

真田家を象徴するものといえば「六文銭」 家紋用語では「六連銭」といいます。 六連銭 というと今ではすっかり真田家の家紋と思われています。 でも、六連銭を使っていたのは真田家だけではないんです。 しかも真田家は最初から六連銭を使ってい...
家紋

真田家家紋「六連銭」の意味

六つの小銭が並んだデザインが特徴的な真田家の家紋「六門銭」。 今では真田というとこの家紋が当たり前のように使われてますね。 でも、なんで銭を家紋にしたんでしょうか? 六文銭のルーツ 家紋としての名前は 六連銭(むつれんせん) 一般...
武田家

真田昌幸・武藤喜兵衛時代と武田家滅亡まで

大河ドラマ「真田丸」で「草刈正雄」演じる「真田昌幸」 真田信繁(幸村)のお父さん。のイメージで考えがちな武将ですが。 戦国時代、真田家で一番有名だったのは昌幸なのです。 「徳川キラー」ともいうべき真田家の伝説を作ったのは真田昌幸といっ...
徳川家

榎本孝明演じる穴山梅雪ってどんな人?

大河ドラマ「真田丸」で「榎本孝明」が演じる「穴山梅雪」武田勝頼の家臣の中でもトップクラスの存在でありながら肝心なところで裏切ってしまう。重臣のトップが裏切ったものだから家中は騒然。このあと一気に武田家滅亡につながるのですが。さて、この穴山梅...
武田家

武田勝頼・諏訪家を継ぐはずが武田家の主に、血筋に翻弄された悲運の武将

武田勝頼は武田信玄の息子。後継者だとされます。じじつ武田信玄のあとをついで武田家を仕切る立場にいました。でも勝頼の代で武田家が滅亡したため、歴史ファンの評価は高くありません。武田勝頼は無能な武将と思われがちです。 大河ドラマ「真田丸」の第...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました