ミフリマーフ皇女・大きな富をもっていたスレイマン1世とヒュッレムの娘

ミフリーマはオスマン帝国の皇女。

父スレイマン1世はオスマン帝国第10代皇帝。領土を拡張しオスマン帝国の全盛期を築いた皇帝です。

母ヒュッレムはオスマン帝国史上最も発言力のあった皇后といわれます。

ミフリマーフはヒュッレムの影にかくれてあまり有名ではありません。しかし莫大な財産を持ち、オスマン帝国の王室にたいしても影響力のあった女性でした。

ミフリマーフ皇女について紹介します。

ミフリマーフの史実

名前:ミフリマーフ(Mihrimah)
地位:オスマン帝国皇子(シェフザーデ:Şehzade)
生年:1522年
没年:1578年
父:スレイマン1世(SüleymanⅠ)
母:ヒュレッム(Hurrult)
夫:リュステム・パシャ(RüstemPasha)
子供:オスマン(Osman)、(Hümaşah)

1522年。皇帝スレイマン1世と愛妾ヒュッレムとの間に生まれました。

名前のミフリマーフ(Mihrimah)は「愛情、思いやり」を意味します。

スレイマン1世にとっては最初の娘。

ヒュレッムにとってはメフメドに次ぐ二人目の子供でした。

1533~34年ごろ。母ヒュッレムが正式にスレイマン1世と結婚。皇后になります。

1539年。17歳のとき。コンスタンティノープル(現在のイスタンブール)でリュステム・パシャと結婚しました。

リュステム・パシャはクリアチア出身。ディヤルバクルの知事を務めたあと、宰相になっていました。皇后ヒュッレムの娘と結婚したリュステム・パシャは、大きな後ろ盾をえました。リュステム・パシャは結婚の5年後、大宰相になります。

ミフリマーフとリュステムの結婚はヒュッレムの考えた政略結婚でした。ヒュッレムとスレイマンとの間には

ミフリマーフは大きな財産を持っていました。夫のリュステムは大宰相として大きな力を持ち、莫大な富を蓄えていました。しかしリュステムの生活は豪華というわけでなく、控えめな生活スタイルはスレイマン1世からも高く評価されていました。

リュステムは道路を整備して自分の土地に学校、病院、公衆浴場をたてるなど、慈善事業に熱心でした。その影響からかミフリマーフもいくつかの慈善事業をおこなっています。

スレイマン1世のマルタ遠征には船の建造が必要でした。400隻分の建造費用を援助をしました。

ミフリマーフは1540~1548年の間にマスク、学校、病院のある複合施設を作りました。

弟を皇帝にするため、夫のリュステムとともに異母兄ムスタファの失脚に関わったのではないかとも噂されます。当時の常識ではムスタファが皇帝になると異母兄弟たちは処刑されると考えられていました。弟を守るためできる限りのことは行ったと考えられます。

ムスタファの死にミフリマーフが直接関わったという証拠はありません。しかし人々や周辺国では、母ヒュッレムとともにミフリマーフも関わったのではないかと噂されました。

1561年。夫のリュステムが死亡。

1566年。父スレイマン1世の死後、弟のセリム2世が皇帝になりました。母ヒュレッムは既に他界していたのでミフリマーフが母后(Valide Sultan)の役目をはたしました。ミフリマーフはハレムでトップの地位にある、セリム2世の時代も大きな影響力をもっていました。

1574年。セリム2世が死去。

セリム2世の息子ムラト3世があとを継ぎました。

ムラト3世の母・ナウデュルが母后(Valide Sultan)になりました。そのためミフリマーフの影響力は衰え旧宮殿に移ったといわれることもあります。

しかし実際には、ムラト3世の時代もトプカプ宮殿で暮らしナウデュル以上の地位をもつ唯一の王族として影響力をもっていました。

1578年。ミフリマーフは死去しました。享年56歳。