和田六郎 「いちげき」の新選組隊士とは?

新選組

 

和田六郎 (わだ ろくろう)は新選組の元隊士。

永井義男の小説「幕末一撃必殺隊」やそれを原案にした松本次郎の漫画「いちげき」に登場。

「いちげき」は2023年にNHKでもドラマ化されて注目を集めました。

劇中では新選組から派遣され、農民たちに戦い方を教える訓練係として登場します。

「いちげき」に登場する元新選組隊士・和田六郎は実在した人物です。

和田六郎について紹介します。

 

スポンサーリンク

歴史上の和田六郎

和田六郎 (わだ ろくろう)。

生年・没年不明。

出身地不明。

新選組の平隊士。

文久3年(1863年)2月。浪士組結成。
8月。浪士組が新選組の名が与えられ。

慶応元年(1865年)。隊員の増えた新選組は組織を編成し直しました。

和田六郎が入隊したのはこのころ。7月までに京都・大坂方面で行われた隊士募集に応募したものと思われます。

慶応3年(1867年)3月。伊東甲子太郎たちが新選組から離脱「御陵衛士」になりました。

慶応3年(1867年)6月。新選組が幕臣に取立てられました。このとき和田六郎は「平士」として「見廻組並御雇」の格を受けました。

慶応3年(1867年)10月14日。大政奉還。

慶応3年(1867年)12月9日 。 王政復古の大号令。

慶応4年(1867年)1月。鳥羽・伏見の戦い。

新選組関係の慰霊碑や生存者の中に名前がなく。鳥羽・伏見の戦いまでに離脱したか、戦いで戦死して慰霊碑にも名前が残らなかったか。あるいは逃亡したものと思われます。

その後の行方はわかりません。

 

スポンサーリンク

「いちげき」の和田六郎

演:工藤阿須加

元新選組隊士。

元隊士ではなく現役の隊士。表向きは脱退したことになっています。

薩摩藩が過激派浪士を集めてが結成した御用盗(ごようとう)に対抗するため、勝海舟が密かに結成したのが「一撃必殺隊」。その隊員の選抜と教育を任せるために勝海舟が新選組の土方歳三に依頼して島田や和田を派遣してもらったことになってるからです。

和田は勝海舟の命令をうけて百姓たちを選抜、訓練することになりました。

規律に厳しい真面目な性格。それだけに融通の効かない一面もありますが。訓練を続けていくあいだに百姓たちに情がわくようになります。

しかし物語終盤の金杉橋の戦いで相楽を斬ろうとしてピストルで撃たれ戦死します。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました