スポンサーリンク

ファトマ・スルタン|ヒュッレム最後の敵は3度の結婚をした?

ファトマ・スルタンはオスマン帝国の皇女。

10代皇帝スレイマン1世の妹です。

生涯に3度結婚したといいます。

オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~シーズン4ではヒュッレム最後の敵として登場します。

ファトマ・スルタンについて紹介します。

ファトマ・スルタンの史実

名前:ファトマ
地位:オスマン帝国
生年:1500年
没年:1573年
父:セリム1世
母:ハフサ
夫:ムスタファ・アガ
カラ・アフメット・パシャ
ハドゥム・イブラヒム・パシャ

子供:なし

1500年にオスマン帝国のトラブゾンで生まれました。

父は皇帝セリム1世。母はハフサ・ハトゥン。

兄にスレイマン1世。姉にハティジェ、ベイハン。妹にシャーがいます。

最初の結婚

いつかはわかりませんが、ファトマ・スルタンは結婚しました。最初の夫はトルコ西部のアンタキアという都市の知事、ムスタファ・アガでした。

ところがファトマの結婚生活は順調ではありませんでした。父・セリム1世に不満を書いた手紙を送っています。夫のムスタファ・アガは同性愛者で、女性のファトマには全く興味を示さなかったというのです。

ファトマの言い分が認められファトマは離婚しました。

2度めの結婚

1545年。カラ・アフメット・パシャと結婚しました。

カラ・アフメット・パシャは州知事やイエニチェリ(常備歩兵軍団)の最高司令官をつとめました。ファトマ・スルタンもイェニチェリの間では尊敬されていました。

カラ・アフメット・パシャはムスタファ皇子を支持していましたが、ムスタファ皇子は1553年に処刑されてしまいます。カラ・アフメットは大宰相リュステムの陰謀に違いないと考えイェニチェリとともに行動を起こし、リュステムの解任を求めます。スレイマン1世はリュステムを解任。

1553年10月6日。カラ・アフメット・パシャを大宰相にしました。

ところが2年後の1555年9月29日に突然処刑されてしまいます。リュステムは大宰相カラ・アフメトが賄賂を受け取っていると告発。それを信じたスレイマンは処刑の命令を出したのです。

その後、大宰相になったのはリュステムでした。

大宰相カラ・アフメトの死後

カラ・アフメトの死後、ファトマ・スルタンがどうなったのかは2つの説があります。

離宮で余生を過ごした?

カラ・アフメット・パシャの死後、ファトマ・スルタンはブルサで暮らしました。

1566年にスレイマンが死亡後、イスタンブルの宮殿に戻ったという説があります。

スレイマンは死亡する前にファトマに謝罪したともいわれます。

3度目の結婚をした?

もうひとつは、1556年にハディム・イブラヒム・パシャと結婚しました。56歳という当時としては晩年の結婚です。スレイマンが強制的に結婚させたようです。

ハディム・イブラヒム・パシャは宦官でした。大宰相になったイブラヒム(パルガル・イブラヒム)とは別人です。

ファトマが前の夫(カラ・アフメト)とともに陰謀を働いたというのでその罰として宦官と結婚させたといわれます。

1563年。ハディム・イブラヒム・パシャが死亡。ファトマ・スルタンはふたたび未亡人になりました。

その後、従者とともにブルサに移動。

カラ・アフメトとともに眠る

1573年にファトマ・スルタンも亡くなりました。73歳でした。

カラ・アフメット・パシャと同じ墓に葬られました。

ファトマのためにモスクが建てられました。トルコの有名な建築家ミマール・スィナン設計のモスクは1575年に完成しました。

ファトマという名前の人物が多いわけ

オスマン帝国では「ファトマ」という名前の女性がよく出てきます。ムスタファの側女にもファトマ・ハトゥンがいました。もちろん別人です。

ファトマという名前の人が多い理由は、イスラム教の開祖ムハンマドの娘の名前が「ファーティマ」だから。そのトルコ語発音が「ファトマ」なのです。

そのためイスラム圏ではファティマやファトマなど同じ意味の名前がよくいます。

キリスト教圏ではイエスの母にちなんで「マリア」という名前がよく使われます。

イスラム圏でもムハンマドのの母にちなんだ「ハティス」「ハティジェ」という名前は使われますが。娘の「ファティマ」「ファトマ」の方がよく使われます。

宗派によって違いますが、イスラム教の最高指導者は「ムハンマドの子孫」という掟がありました。ムハンマドには息子がいなかたのでファティマの子孫がイスラム教世界の権威になりました。そこでファティマはイスラム教にとっては重要な人物になったのです。

ドラマ「オスマン帝国外伝」のファトマ・スルタン

トルコドラマ「オスマン帝国外伝・愛と欲望のハレム~シーズン4」では、ヒュッレムやリュステムの前に立ちふさがる敵として登場。

シーズン4前半はファトマ対ヒュッレムの対立が物語の中心です。史実通り、リュステムとヒュッレムの陰謀で夫のカラ・アフメト・パシャが失脚。

ファトマ自身もムスタファの仇を討とうとしてヒュッレム殺害を試みますが失敗。宮殿を追放されてしまいます。

シーズン1から4まで続いた長いドラマの中で、ヒュッレム最後の敵として立ちふさがったのがファトマ・スルタンでした。ファトマとの争いに勝ったヒュッレムですが、その命は尽きようとしていたのでした。

ドラマでは重要な役です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました