ギュルフェム・ハトゥン、オスマン帝国皇帝スレイマンの皇帝妃

ギュルフェム・ハトゥンはオスマン帝国皇帝スレイマン1世の2人目の愛妾。

スレイマンの妻とか皇帝妃と紹介されることがありますが、法的な結婚はしていません。ハレムの一員でした。Hatun(ハトゥン)の称号を与えられ事実上の妻として扱われていたようです。

ギュルフェム(Gülfem)はハレムでの名前。「バラのような」という意味です。

本名はロサリンダ(Rosalinda)だったといわれます。

ハトゥン(hatun)は名前の後につく敬称。◯◯夫人のような意味です。16世紀以降はスルタンという称号が使われるようになったため、ギュルフェムより後の時代にはハトゥンと呼ばれる人はいません。

マヒデブランやヒュッレムよりも年上。スレイマンのハレムには早くからいる人ですが息子のいる女性の方が地位が高いため、マヒデブラン、ヒュッレム(後に皇后へ昇進)に次ぐ第三夫人の地位にあったといわれます。それでもハレムの中では高い地位にあることにはかわりません。ハレムを仕切る立場にあったともいわれます。

ギュルフェム・ハトゥンについて紹介します。

ギュルフェム・ハトゥン

名前:ギュルフェム(Gülfem)
地位:オスマン帝国側室(hatun)
別名:(SicilyalıRosalina)、PolonyalıRosalina
本名:ロサリンダ(Rosalinda)あるいはロサリナ(Rosalina)
生年:1492か1497年
没年:1561か1562年
父:アブドルラーマン(Abdurrahman)
母:不明
夫:スレイマン1世
子供:
息子・
マフムード(Mahmud)?
ムラード(Murad)

ギュルフェムがハレムに車ではよくわかっていません。出身地についてもシチリアやポーランドなどいくつかの説があります。ギュルフェムの父はキリスト教徒でしたがイスラム教に改宗したといわれます。

1511年。スレイマンのハレム(後宮)に来ました。

1512年。スレイマンの最初の息子マフムード王子が産まれます。マフムードの母親はよく分かっていませんが、ギュルフェムが母親だともいわれています。ただしマフムードの母は名前の伝わっていない一人目の愛妾の可能性が高いです。

1519年。スレイマンとの間にムラード王子が産まれます。

1521年。ムラード王子とマフムード王子が天然痘で死亡しました。

1522年。噴水を建てました。

1524年。マニサに噴水を建てました。

1542年。ユスキュダルに人々にスープを配るための施設を作りました。

1543年。イスタンブール州ユスキュダル地区に女性用のモスクを建設開始しました。先に作った食堂と隣接しており、学校や墓地など様々な施設が集まった福祉施設のような役目をもっていたと考えられます。彼女の死後1961年に完成しました。

現在では男性も参拝可能になり、「ギュルフェム・ハトゥン・モスク」として知られています。

イスラム教では裕福な人は貧しい人を助けなければいけないという教えがあるため。王族は公共用の施設を建てることがありました。

1561年か1562年に死亡しました。自分が立てたモスクに埋葬され「殉教者」と書かれています。死因はよく分かっていません。

スレイマンの命令で処刑されたという伝説も残りますが、はっきりとはわかりません。

トルコのテレビドラマ「オスマン帝国外伝〜愛と欲望のハレム」では一人目の皇帝妃として登場。皇女ハティジェの相談相手となり、ハティジェとイブラハムの仲をとりもちました。