オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~が10倍楽しめる豆知識1

オスマン帝国外伝・愛と欲望のハレムは面白いですね。トルコのドラマは日本ではあまり馴染みがありませんでした。でもトルコはドラマの輸出大国なんですね。オスマン帝国外伝も世界80カ国で放送されて8億人が見たといわれます。

しかもトルコ人の感性は日本人に近いと言われています。意外と日本人がドラマを見ても面白いと感じるのです。

単純にドラマとしても面白いのです。でもよくわからない単語が出てきて戸惑うこともあります。オスマン帝国といってもよくわからないし。いろんな国や人が出てくるし、オスマン帝国の文化もあまり知らないので分かりづらい。と思うこともあります。

そこで日本人には馴染みのないオスマン帝国やドラマに出てくる国や人々、文化について紹介します。

ドラマの背景がわかってるともっとドラマが楽しめるのは間違いありませんよ。

オスマン帝国外伝とは

2011~2014年にトルコ共和国で放送されたテレビドラマ。
トルコ版の大河ドラマのようなもの。

シーズン1からシーズン4まで作られました。トルコでは放送が始まると街から人がいなくなると言われるほど人気があったそうです。

主人公はオスマン帝国皇帝スレイマン1世とヒュレム妃。
歴史上の人物や事件が描かれていますが、かなり脚色されている部分もあります。

トルコ語のタイトルは「Muhteşem Yüzyıl」発音は「ムフテシェム・ユズユル」
ドラマタイトルで出るのはこの名前。

英語では「The Magnificent Century」 

日本語訳は「壮麗なる世紀」。
壮麗とは「規模が大きい、立派で美しいこと」。

オスマン帝国皇帝スレイマン1世はヨーロッパで壮麗帝「the Magnificent」とあだ名されました。ヨーロッパ諸国からみてもスレイマン1世は偉大な皇帝だと思われていたようです。

だから番組タイトルもこのようになったのでしょう。

オスマン帝国とは

ドラマの舞台になってるのはオスマン帝国。

13世紀から20世紀のはじめまで約700年続いた帝国です。

日本だと鎌倉時代後半から大正時代までです。

1299年。オスマン帝国の始まりは、テュルク人(現代のトルコ人の祖先)のオスマン1世がアナトリア半島(現在のトルコのあたり)に建国したこと。

オスマン帝国の国名は初代国王からなんですね。

東ローマ帝国や東ヨーロッパ諸国、エジプトから中東、西アジアを制服。巨大な帝国になりました。

とくに15世紀から16世紀は領土拡大が激しかった時期せす。オスマン帝国の拡大は「オスマンの衝撃」といわれ、西ヨーロッパ諸国には衝撃を与えました。

最盛期のオスマン帝国領土はこのくらい広かったです。

オスマン帝国

首都はコンスタンチノーブル。
現在はトルコの首都イスタンブールになってます。

オスマン帝国の領土は現在の国だとトルコ、シリア、レバノン、イラク、イスラエル、サウジアラビア、エジプト、ハンガリー、コソボ、セルビア、ルーマニア、ブルガリア、ギリシャ、チュニジア、アルジェリア、キプロスなどが含まれます。

世界最大のイスラム教国としてキリスト教国とも戦いました。

一番領土が広かったのが16~17世紀。10代皇帝スレイマン1世から19代皇帝メフメト4世のころです。皇帝が中心になって積極的に領土拡大を行っていたのがスレイマン1世のころ。

つまり「オスマン帝国外伝」はオスマン帝国が一番華やかだった頃のお話です。

18世紀になるとロシアの力が強くなり、ロシアとの戦争に負けて次第に領土を失います。
ロシアのドラマ「エカテリーナ」で描かれるのはこの時代です。

19世紀になると各地で反乱が起きて属領が独立。

1922年。第一次世界大戦で負けたオスマン帝国廃止を決定。
トルコ共和国が誕生し、オスマン帝国は滅亡しました。

王家のオスマン一族は皇帝の座を追われましたが亡命して現在も続いています。

スポンサードリンク


オスマン・トルコとは違うの?

古い教科書ではオスマン・トルコと呼ばれていました。現在は「オスマン」「オスマン帝国」と呼ぶのが普通です。というのもオスマン・トルコと呼んでいるのは現代人だけなのです。オスマン帝国の人たちは自分の国を「オスマンの国」とよび「オスマントルコ」とは呼んでいませんでした。

オスマン帝国の仕組み

皇帝の呼び方

オスマン帝国は皇帝(パーディシャー)が国のトップ。

オスマン帝国の皇帝はよくスルタンと呼ばれることがあります。でもスルタンは王族に対して使われる称号です。

人々が皇帝を呼ぶときはパーディシャーとかヒュンカールムといいました。日本だと「陛下」みないな意味です。ヒュンカールムは「我が君」という意味です。ドラマでもイブラヒムとか家臣がスレイマンを呼ぶときは「ヒュンカールム」と言ってますね。日本人の耳には「ヒュンカー」と呼んでいるように聞こえます。

公式な場面ではスルタン・スレイマン(皇帝の名前)・ハーンと言いました。こちらが皇帝を意味する称号です。ドラマでも会議の場面とか外国の要人との謁見の場では「スルタンスレイマン~」と言ってますね。字幕では「スレイマン皇帝陛下のお成り」と書かれている場面です。

パシャがたくさん、大臣たちの呼び方

皇帝の下に大宰相(サドラザム)が一人。宰相(ヴェズィール)が数人。他に財務長官(デフテルダル)やさまざまな官僚がいました。

大臣の名前につく称号は「パシャ」。だからイブラヒム・パシャと言ったりします。名前にパシャが付く人が何人もいるので混乱するかもしれません。パシャは名前ではなく称号なのです。「◯◯大臣」みたいな感じです。

スレイマン1世の時代までは皇帝が直接政治を行っていました。しかし息子のセリム2世は政治に関心がなく大宰相が政治をおこなっていました。その後も皇帝が政治を行うことは少なくなります。

オスマン帝国は皇帝の直轄地の他にたくさんの領地をもっていました。中央から役人が派遣されて治めている属領。自治権が与えられている属国がありました。

シーズン1の後半でエジプトで反乱が起こります。エジプト州はオスマン帝国の属領のひとつ。帝国から領主が派遣されて治めていました。このような属州がいくつもありました。

オスマン帝国のハレム

ドラマの舞台となるのは主に王宮。とくに女性のいるハレムのシーンが多いです。
日本語版では「オスマン帝国外伝・愛と欲望のハレム」というタイトルが付いています。皇帝をめぐる女性たちの争いがみどころになってるからなんですね。ハレムとはいわゆるあの「ハーレム」のもとになった言葉。

日本だと「大奥」ですね。「後宮」と訳すことが多いです。大奥的な感覚で見ることができるので日本人の視聴者にも馴染みやすいのかもしれませんね。

ハレムにいるのは皇帝一家の女性と子供たち。皇帝の妃や母もちろん、側女もいます。場合によっては小姑までいます。

イスラム教では一夫多妻を認めているのでヨーロッパの王宮にはないハレムが公式に存在するのですね。

キリスト教では一夫一婦制。ヨーロッパの王宮ではハレムは認められません。しかし子孫を残すという建前があるので王に愛人がいることは暗黙の了解でした。

オスマン帝国のハレム用語

王族を意味する言葉はスルタン。ドラマでも王の母や妃にスルタンあるいはスルターナと呼んでいる場面があります。

母后(ヴァリデ・スルタン)

皇帝の母親。
ヴァリデは母親の意味。
劇中のトルコ語のセリフでは、スレイマン1世やハティジェはハフサ・アイシェのことを「ヴァリデ」と呼んでいます。

自分専用の部屋を持ち、収入源も持ってます。

意外なようですが最初にヴァリデスルタンの称号を与えられたのはスレイマン1世の母・ハフサ・アイシェ。それまでは皇帝の母はヴァリデ・ハトゥンと呼ばれていました。それまでは「皇帝の産みの親」というだけで身分はあまり高くありませんでした。「スルタン」が付くことで王族としての地位が保証されました。その結果、ハフサ・アイシェはハレム内で大きな権力をもちました。

皇女(スルタン、スルターナ)

皇帝の娘もスルタン、スルターナとよばれます。
ドラマではスレイマンの姉妹と娘になります。

ドラマのシーズン1でスレイマンの妹ハティジェやベイハンが登場します。
ヒュッレムの産んだミフリマーフもスルタンです。

シーズン3ではシャル、シーズン4ではファトマというスレイマンの姉妹も登場します。

皇妃(ハセキ・スルタン)

皇帝の跡継ぎの母親。皇帝の正式な妻。日本でいうと皇后になります。

ハレム内でヴァリデスルタンに次ぐ2番めの地位にある女性です。

ドラマのシーズン1ではハセキスルタンの称号を持つ人はいません。

長いオスマン帝国の歴史でもハセキ・スルタンの称号をもつ女性はあまりいなかったのです。
オスマン史上最初にハセキ・スルタンの称号を得たのはヒュレムだといわれます。

意外なようですが皇帝の正式な妻はいないことが多かったのです。というのもオスマン帝国の皇帝にとって女性は下僕。妻は必要ないのです。ただし外国と同盟を結ぶため、王族の女性を妻に迎える可能性はあります。そこで政略結婚のために皇帝の妻の地位は開けていました。でもオスマン帝国の周辺にあったのは敵国か弱い国。政略結婚してまで同盟しなければいけない国はなかったのです。そこで皇帝の妻の地位は空いたままになってました。

しかしその慣習を破ってハセキ・スルタンになったのがヒュレムです。スレイマン1世からどれほど寵愛を受けていたかがわかります。

皇帝妃・夫人(カドゥン:Kadin)

ハレムには大勢の側女がいます。とくに皇帝の寵愛が深いものはカドゥン(夫人)と呼ばれました。ドラマでは「皇帝妃」と訳されています。皇帝の息子を出産した人が多いようです。

でも「皇帝妃」と訳されていても正式な妻ではありません。「側室」に近いです。

スレイマンの時代以降は皇帝一家の家族として認められ「スルタン」あるいは女性形の「スルターナ」の敬称をつけて呼ばれました。

第1夫人はバシュカドゥン。カドゥンの中でも一番地位の高い人です。スレイマンの時代はマヒデブランがバシュカドゥン。ヒュッレムは第2夫人でした。

ドラマに登場する皇帝妃はギュルフェム、マヒデブラン、ヒュレムです。
皇帝妃ギュルフェムの敬称はハトゥンでしたが地位はカドゥンです。

他の側女たちは本当に下僕なので「スルターナ」と呼ばれるかどうかで大きく立場が違います。皇帝妃は他の側女達に対しては圧倒的に強い立場にあります。

ハトゥン(女性の敬称)

身分の名前ではなく、女性に対して付けられる敬称。ドラマではハレムで王族に仕える女性達に付けられる敬称です。

英語のミスやミセスに近い言葉です。

でもハトゥン=側女ではありません。ギュルニハル(マリア)、アイシェ、サドゥカ(ビクトリア)ら一部の側女もハトゥンがつきます。

母后付きの使用人ダイエやマヒデブラン付きの使用人ギュルシャーもハトゥンと呼ばれます。

側室(イクバル:İkbal)

側女の中で皇帝のお手つきになった人。個室を与えられます。イクバルの意味は「幸運な人」ドラマではアイシェがイクバルです。ドラマの字幕では側女のままでしたが、立場的には側室に近いです。シーズン1の14話で王子を出産するまでのアレクサンドラ(ヒュレム)も身分はイクバルです。

側女(ジャーリヤ:jariya)

ハレムに集められた女性。

捕虜や奴隷市場で買われた者、献上さた女性は集められ、宦官の監督下で共同生活をしながらトルコの言葉、歌、踊り、礼儀作法、裁縫、アラビア語を習います。その後、宮殿のハレムに送られ侍女になりました。侍女といっても日本の大奥とは違い、ハレムでは奴隷あつかいです。

皇太子時代のスレイマンのハレムには17人の側女がいたといいます。スレイマンの寵愛を受けられるのは一部です。

アー(チーフ)

男性のリーダーを呼ぶ時の称号。部門の長や尊重も「アー」と呼ばれます。 

ドラマで登場するのはスンビュル。
スンビュル・アーと呼ばれます。
字幕ではスンビュルの肩書は「宦官長」。

カルファ(監督者)

女性のつく役職。
側女や見習いの監督者としての役目があります。

ドラマではニギャールがカルファと呼ばれています。
字幕ではニギャールの役職は「女官長」。

厳しいハレム事情

皇帝が変わるとハレムの女性も入れ替わります。

つまり皇帝が死亡すると、その皇帝に仕えていた皇帝妃、側室、側女はハレムを出ていくのです。残ることが許されるのは新しい皇帝の母親のみです。

母后になれなかった皇帝妃や側女はトプカプ宮殿から出され離宮に移されます。その名も「嘆きの家」。離宮に移った女性たちは年金をもらって余生を過ごします。一部の女性は重臣に与えられることもあったようです。

また皇帝になれなかった皇子は、新皇帝が即位すると処刑されました。ムラト3世(スレイマン1世の孫)よりあとの時代は処刑ではなく幽閉に変わりましたが、皇帝になれなかった皇子の運命は過酷でした。

ハレムの女性の運命は、母后になれるかどうかで全く違うのです。とくに息子のいる皇帝妃は息子の命まで関わってくるので大きな問題でした。ハレムの女性たちの争いが激しくなったのもこのような厳しいハレム事情があったからです。

オスマン帝国の宗教

オスマン帝国はイスラム教の国です。
皇帝一家や支配者層はスンニー派でした。でもオスマン帝国はテュルク人(トルコ人の祖先)の国。民族性の違いかアラブの国ほど戒律は厳しくありません。身分の高い女性は他人の男に顔を見せないという習慣はありますが。女性も派手な格好をしています。

オスマン帝国は多民族国家なので宗教も多彩です。

皇帝一家や支配者層はイスラム教スンニー派だったので一番影響力が強かったのです。

でもシーア派、ドゥルーズ派など他のイスラム教の人々もいました。

キリスト教徒やユダヤ教徒もいました。キリスト教も正教徒、カトリック教徒、ネストリウス派など様々な宗派がいました。

確かに他の宗教に対する差別や偏見もありました。だからといって無理やり改宗させたり、迫害したりはしませんでした。むしろ国内でプロテスタント教徒とカトリック教徒が戦ったり、ユダヤ教を差別するヨーロッパのキリスト教国よりも自由な信仰が認められていました。

オスマン帝国がヨーロッパ・アジア・アフリカの接点にあり貿易が盛んで他民族の国だったからという理由が大きいのでしょう。

だからドラマを見ても「イスラムの国だから」といってあまり身構える必要はありません。お祈りの言葉がイスラム風だなという程度の感覚です。少しのイスラム用語を覚えてるだけでドラマが楽しめます。

ドラマに役立つ宗教用語

・アラー
日本語の「神」、英語の「Good」と同じ、アラブの言葉で神を意味する普通名詞です。
イスラム教の聖典はアラビア語で書かれています。だからアラブ人でない人も神のことをアラーと言います。

誤解している日本人も多いのですがアラーは神の固有名前ではありません。普通名詞なんです。信者はみだりに神の名前を言ってはいけないのですね。

だから「アラー」という神がいるのではなく、「神」を意味する言葉がアラーなんです。ちなみにイスラム教の神はユダヤ教やキリスト教と同じ「YHWH」で表現されるあの神様です。

・アーミン
キリスト教の「アーメン」と同じ。
本来の意味は「確かに」「そのとおりだ」
もともとはお祈りの最後に言う言葉。
「主は◯◯と言いました。それは確かです」というぐあい。聖書やお祈りの言葉のあとに続けて念を押すための言葉です。
のちに「アーミン」と言うだけでもお祈りとしての役割をはたすようになりました。
キリスト教とイスラム教はユダヤ教から独立した宗教なので共通する部分が多いのです。

トルコのドラマということで日本人には分かりづらい言葉や歴史があります。ドラマそのものが十分面白いので細かいことがわからなくても楽しめるのですが。背景や言葉の意味を知るとさらにおもしろくなりますよ。

関連記事
オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~が楽しめる人物事典