5.2 戦国の人々

明智家

藤田伝吾(行政)明智五宿老の一人は山崎の戦いで果てた忠臣

藤田 行政は明智光秀に仕えた重臣です。 通称は伝吾、伝五、伝五郎。 明智五宿老の一人と言われます。 明智光秀が本能寺の変をおこしたときに、明智光満、斎藤利三とともに最初に謀反の決意を打ち明けられた人物の一人といわれます。 藤田行政...
明智家

明智光安: 光秀を後見した叔父は明智城とともに運命を共にした

明智光安は明智光満の叔父(父の弟)です。 明智城を守っていましたが、斎藤義龍の軍に攻められて自害。そのとき光秀を逃したと言われます。 明智光安はとはどんな人だったのでしょうか。 明智光安とは 名 前:明智光安(あけち みつやす)...
明智家

妻木煕子 明智光秀と仲睦まじかった妻はどんな人?

妻木煕子(ひろこ)は明智光秀の正室で細川ガラシャの母です。お牧の方、伏屋姫ともいわれます。光秀とは非常に仲が良く、いくつかの逸話が伝わっています。 妻木煕子とはどんな人だったのか紹介します。 妻木煕子とは 名 前:妻木煕子(つまき ひ...
5.2 戦国の人々

堀川城の悲劇・瀬戸方久と龍雲丸が大ピンチ?

戦国時代。浜名湖周辺の堀川城で戦いがありました。「堀川城の悲劇」と後世に伝わる戦いでは、徳川家康の行った戦としては珍しく農民の惨殺が行われたといわれます。 堀川城といえば、大河ドラマ「おんな城主直虎」で気賀を見張るための城として作られたと...
5.2 戦国の人々

祝田禰宜・井伊谷徳政令をめぐり次郎法師(直虎)と争う

戦国時代に井伊谷で出された徳政令(井伊谷徳政令)には祝田禰宜が深く関わっていました。 井伊谷徳政令をめぐって次郎法師(井伊直虎)と争ったとされるのが祝田禰宜です。禰宜とは神主のことです。でも祝田禰宜は商人でもあったんです。なぜ神主が徳政令...
5.2 戦国の人々

瀬戸方久は井伊家を支えていた豪商

瀬戸方久は井伊直虎の時代に井伊谷で勢力を伸ばしていた商人でした。 井伊家にとっては金を貸してくれる大事な商人でした。しかし土地や家臣の座を要求するなど一筋縄でいく人物ではありませんでした。それでも井伊家にとってはなくてはならない人物でした...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました