7 世界史

スポンサーリンク
7 世界史

フアン・パチェコはカスティーリャ国王エンリケ4世と対立した貴族

フアン・パチェコ(Juan Pacheco)はカスティーリャ王国の貴族です。 カスティーリャ王子エンリケとは子供の頃からのつきあいでした。エンリケが国王になってからも仕えましたが力を持ちすぎたためエンリケ4世に警戒されます。エンリケ4世は...
7 世界史

ベルトラン・デ・ラ・クエバは本当にフアナ王女の父親なの?

ベルトラン・デ・ラ・クエバ(Beltrán de la Cueva)はカスティーリャ王国の貴族です。 エンリケ4世の忠実な家臣として仕えました。しかし国王に対立する貴族に王女フアナの父親という噂を広められてしまいます。しかしその後も王家か...
7 世界史

フアナ王妃・不倫女王の異名をもつカスティーリャ王妃

フアナ王妃(カスティーリャ王妃)はカスティーリャ王妃。彼女の産んだフアナ王女はイサベルと女王の座を巡って争います。 エンリケ4世と貴族の対立で宮殿を追放され王妃の座を奪われてしまいます。追放先で知り合った若者と恋に落ちて双子を出産します。...
スポンサーリンク
7 世界史

エンリケ4世(カスティーリャ国王)とはどんな人?

エンリケ4世(Enrique IV )はスペインの元になったカスティーリャ王国の国王です。 イサベル1世の母違いの兄弟でした。エンリケ4世は貴族と対立して後継者問題で国内が混乱します。なかなか子供が生まれなかったことから対抗する貴族たちに...
7 世界史

アルフォンソ(カスティーリャのアストゥリアス公)イサベラの弟は若くして病死

アルフォンソ(Alfonso de Castilla)はカスティーリャ王国の王子。アストゥリアス公とも呼ばれ将来の王に近い人物といわれました。しかし内乱のさなかに若くして死亡していしまいます。 アルフォンソについて紹介します。 アルフォ...
7 世界史

イサベル1世(カスティーリャ女王)はスペイン黄金時代の基礎を作った

イサベル1世(Isabel I de Castilla)はカスティーリャ女王。 ドラマ「イサベル・波乱のスペイン女王」のヒロインです。 カスティーリャ王国は現在のスペインにあった国。カスティーリャ王国はアラゴン王国と合併してスペイン王国...
ロシア

グリゴリー・グリゴリエヴィチ・オルロフはエカテリーナ2世の愛人

グリゴリー・グリゴリエヴィチ・オルロフはロシア女帝エカテリーナ2世の愛人。 エカテリーナのクーデターに参加して中心的な働きをしました。しかしその後、エカテリーナ2世の重臣たちと対立、若いポチョムキンがエカテリーナの寵愛を受けると、オルロフ...
オスマン帝国

バヤジット皇子はセリムと争い処刑された

バヤジットはオスマン帝国の皇子。父スレイマン1世はオスマン帝国第10代皇帝。領土を拡張しオスマン帝国の全盛期を築いた皇帝です。母ヒュッレムはオスマン帝国史上最も発言力のあった皇后といわれます。兄弟のセリムと王位争いを行い敗れて処刑になりまし...
ロシア

セルゲイ・サルトゥイコフはエカテリーナ2世の最初の愛人

セルゲイ・サルトゥイコフはロマノフ朝ロシア帝国の政治家。エカテリーナ2世の最初の愛人と言われます。 パーヴェル1世の父親との噂もあります。 セルゲイ・サルトゥイコフ史実のどんな人だったのか紹介します。 セルゲイ・サルトゥイコフの史実 ...
オスマン帝国

ジハンギル皇子はムスタファの処刑にショックを受けて急死した?

ジハンギルはオスマン帝国の皇子。父スレイマン1世はオスマン帝国第10代皇帝。領土を拡張しオスマン帝国の全盛期を築いた皇帝です。母ヒュッレムはオスマン帝国史上最も発言力のあった皇后といわれます。 ジハンギルはスレイマンとヒュッレムとの間に生...
オスマン帝国

スレイマン1世・オスマン帝国の黄金時代を作った壮麗帝

スレイマン1世はオスマン帝国の第10代皇帝。領土を拡張しオスマン帝国の全盛期を築いた皇帝です。 ヨーロッパでは壮麗帝(the Magnificent:ザ・マグニフィセント)、日本ではスレイマン大帝と呼ばれることがあります。トル...
オスマン帝国

オスマン帝国皇帝スレイマンとヒュレムが登場するドラマと漫画を比較

「オスマン帝国外伝・愛と欲望のハレム」が日本でも公開されトルコに関心が集まっていますね。 オスマン帝国外伝の主人公・スレイマン1世とヒュレムの話はドラマで始めて知った人も多いと思います。でも、もともとトルコやヨーロッパでは有名な人物でした...
ロシア

ロシア女帝エカテリーナ2世の時代を年表で紹介

ロシアドラマ「エカテリーナ」はロシア皇帝エカリーナ2世の半生が描かれたドラマ。 でも日本人にはロシアの歴史はよくわかりません。そこでドラマの1話から22話が歴史の「いつ」になるのか紹介します。 エカテリーナ2世が生きた時代は日本では江戸...
7 世界史

ダルタニャン:三銃士のモデルになったシャルルの史実

ダルタニャン(ダルタニアンとも書きます)は、アレクサンドル・デュマの書いた小説「ダルタニアン物語、三銃士)の主人公。 架空の人物だと思われがちですが、ダルタニアンにはモデルになった人物がいます。 ダルタニアンのモデルになったのはシャルル...
オスマン帝国

ベイハン・スルタン 兄スレイマン1世に夫を殺された皇女

ベイハン・スルタンはオスマン帝国の皇女です。 トルコドラマ「オスマン帝国外伝」のシーズン1~3にも登場します。 名前はベイハン。皇族なので名前には「スルタン」の称号がつきます。 皇帝スレイマン1世の妹です。しかし夫をスレイマンに処刑さ...
7 世界史

武則天 子供を殺して手に入れた権力、中国唯一の女帝は悪女だった?

武則天は中国史上唯一の女帝。中国三大悪女の一人ともいわれます。 太宗・李世民の側室でありながら息子の高宗・李治の皇后となりました。権力を手にする途中では競争相手を陥れ殺害するなど手段を選びません。ときには自分の子供すら手にかけます。そうし...
オスマン帝国

イスケンダー・チェレビ 最後は処刑されたオスマン帝国の財務大臣

イスケンダー・チェレビはオスマン帝国の財務大臣。 大宰相イブラヒムとともに皇帝スレイマン1世を支えた大臣の一人です。 ところがペルシャとの戦争中にイブラヒムとの関係が悪くなり、スレイマン1世の怒りをかって処刑されてしまいます。 イスケ...
オスマン帝国

メフメド皇子・皇帝の座を期待されたヒュレムの息子

メフメドはオスマン帝国皇帝スレイマン1世の王子。母はヒュレム妃です。 マヒデブラン妃の息子ムスタファと次の皇帝の座を巡って争いました。もっとも次の皇帝に近いところまできたのですが若くして死亡します。 セリム2世について紹介します。 シ...
オスマン帝国

マルコチョール・戦いの最前線に生きる戦士の一族

オスマン帝国外伝・愛と欲望のハレムに登場するマルコチョール・バリ・ベイは実在の人物です。 ドラマではシーズン2のモハーチの戦いあたりから出演して大活躍。その後、スレイマンの信頼をえて出世します。戦いでは勇敢な一方で、恋に情熱的な人物として...
オスマン帝国

セリム2世、ヒュレッムの息子はダメ皇帝だった?

セリム2世はオスマン帝国の第11第皇帝です。 オスマン帝国外伝・愛と欲望のハレムではセリム皇子として登場します。 父はオスマン帝国第10代皇帝 スレイマン1世。 母はヒュッレム・ハセキスルタン。オスマン帝国史上最も発言力のあ...
スポンサーリンク