武則天 子供を殺して手に入れた権力、中国唯一の女帝は悪女だった?

スポンサーリンク

武則天は中国史上唯一の女帝。中国三大悪女の一人ともいわれます。

太宗・李世民の側室でありながら息子の高宗・李治の皇后となりました。権力を手にする途中では競争相手を陥れ殺害するなど手段を選びません。ときには自分の子供すら手にかけます。そうして皇后だけでなく皇帝の座まで手に入れました。

冷酷な手段で奪った皇帝の座でしたが、意外にも有能な家臣に恵まれ彼女の時代は国が安定していました。

武則天とはどんな人だったのでしょうか。

スポンサーリンク

 武則天とは

 

名 前:武照(ぶしょう)
幼 名:武媚娘(ぶにょい)
王 朝:唐→武周→唐
地位と名前:
武周皇帝・則天大聖皇帝(そくてんたいせいこうてい)
唐皇后・則天順聖皇后(そくてんじゅうせいこうごう)
生 年:624年2月17日
没 年:705年12月16日
父:武士彠(ぶ しやく)
母:楊夫人
子:

武則天の呼び方

かつては則天武后と呼ばれることが多かったです。そのため日本では則天武后の名が知られています。これは彼女自身が遺言で皇后として葬ってほしいと言ったからだといわれます。しかし現代の中国では武則天と呼ぶことが多いようです。

 おいたち

624年。唐の利州の都督・武士彠(ぶ しやく)の次女として産まれました。名前は武媚娘(ぶ にょい)。唐時代の都督は知事のようなものです。一つの州が小国並みに広いので小さな国の国王並みの力がありました。家柄は高くはありませんが、商人として成功していたので財産家でした。武媚娘(ぶにょい)は家が裕福だったため高い教育を受けることができました。

12歳のとき。父が死亡すると異母兄たちにいじめられました

637年。14歳のとき。太宗・李世民の後宮に入り才人(正五位・側室で最下位の地位)になりました。後宮にはたくさんの側室がいました。美貌と才能で李世民の注目を集めたこともありましたが、李世民の寵愛をうけることはできませんでした。

皇帝の寵愛をうけられなかった武媚娘は李世民の息子・李治(後の高宗)に近づき親しくなりました。

649年。太宗・李世民が死去。子供のいない前皇帝の側室たちは尼になる規則だったので武媚娘は寺に入れられました。

高宗・李治の王宮では皇后の王氏と側室の蕭淑妃が対立していました。李治は蕭淑妃を寵愛していたので、危機感をもった皇后王氏は李治に武媚娘を寺から呼び戻すことを勧めます。武媚娘は昭儀(しょうぎ)の位を与えられ側室になりました。皇后、三夫人に継ぐ5番目の地位です。

皇后王氏の狙い通り李治は武媚娘に夢中になりました。武媚娘は皇后王氏と結託して蕭淑妃を追い落とします。蕭氏は監禁されました。

さらに武媚娘は王氏一族が宮中で評判が良くないことを利用して味方を増やします。

皇后になる

655年。武照は娘を出産。皇后王氏が武媚娘の出産を祝福するためにやってきました。ところが武照は自分の娘を絞め殺しその罪を皇后王氏にかぶせました。もともと皇后王氏を快く思ってなかった李治は「武照の娘を毒殺した罪」で王氏を廃して武媚娘を皇后にしました。

王氏と兄弟は監禁されました。皇后になった武照は王氏と蕭氏を杖で百叩きにしたあと両手両足を切断して処刑しました。

病気がちで満足に政治ができない李治に変わって皇后武氏が政治を行うようになります。皇后武氏は有能で自分に味方する者なら家柄に関係なく採用しました。親族を高い地位につけました。その一方で自分に批判的な重臣には罪をかぶせて処刑しました。皇后を支持する派閥ができあがります。

660年には新羅が助けを求めてきたので軍を派遣。百済を滅ぼしました。その後、倭(日本)と旧百済の連合軍を白村江の戦いで破った後、高句麗も滅ぼしました。

しかし唐に虐げられていた契丹が反乱を起こしかえって危機をむかえます。

皇后武氏は皇帝と同等の地位にあることを示すため自分のことを「天后」と呼ばせました。

そんな母と一族の横暴を息子の李弘は批判しました。しかし李弘は24歳で急死しました。毒殺されたといわれます。

高宗・李治も宰相を味方にして皇后武氏を廃しようとしますが皇后武氏はその計画を知って阻止します。

683年。高宗・李治は失意の中で死去。皇太子の李顕(中宗)が即位しました。

684年。武照は中宗を廃して弟の李旦(睿宗)を皇帝にしました。しかし権力は武氏一族が握っていたので睿宗は飾り物の皇帝でした。

王族たちが反乱を起こすこともありましたがことごとく失敗。武照に逆らうものはいなくなりました。

女帝・武則天の誕生

690年。李旦は皇太子に格下げになり。武照が即位。国の名前を「周」に変えました。歴史上は古い時代の周と区別するため「武周」と呼びます。

皇帝になった武則天は有能な臣下を大臣にして政治を行いました。宮廷内は混乱しましたが、以外にも世の中では大きな混乱はおきていません。農民一揆は起こらず、民衆の生活は比較的安定していました。

晩年。武則天が病気がちになると唐の復活を目指す運動が活発になります。武則天は武一族の甥に皇帝の座を譲ろうとしましたが重臣たちの反対にあいます。

晩年

705年。宰相・張柬之は武則天の側近を殺害。李顕をかついで反乱を起こしました。張柬之はは武則天に「則天大聖皇帝」の称号を贈る条件で皇帝の座を退かせました。

中宗・李顕が再び工程になり「唐」が復活しました。

武則天は太后となり余生を過ごします。

 

706年。武則天が死去。享年82。

コメント

タイトルとURLをコピーしました