今川家

井伊家

庵原朝昌と新野左馬之助の娘(桜)

庵原氏は今川家を支えた一族。その一族のひとり庵原朝昌に新野左馬之助の娘が嫁ぎました。左馬之助といえば幼いころの井伊直政(虎松)を守って奮闘した人物です。 その新野左馬之助の娘と、今川家臣・庵原朝昌は結婚しました。それだけではありません...
今川家

大沢基胤は徳川軍の攻撃から堀江城を守った

大沢基胤は浜名湖周辺を治める領主でした。今川義元の死後、徳川家康に攻められ敗戦続きの今川軍の中で、徳川軍相手に大きなダメージを与えた武将です。 その抵抗ぶりには家康も大沢基胤の城を落とすのを諦めました。大沢基胤は家康の配下になりましたが、...
今川家

関口氏純は築山殿(瀬名姫)の父、家康の裏切りで自害

関口家は今川家の分家筋にあたる名門の家柄。今川義元・氏真の時代も今川家を支える重臣として働きました。氏純は今川義元・氏真に仕えました。 関口氏純は徳川家康の正室・築山殿の父親です。しかし家康が今川家を裏切ったために切腹させられてしまいまし...
今川家

早川殿(蔵春院)は今川氏真と一生を供にしたおしどり夫婦だった?

今川氏真の正室は早川殿。蔵春院ともいいます。関東の戦国大名・北条氏康の娘です。 本当の名前は分かっていませんが、大河ドラマ「おんな城主直虎」では「春」という名前で登場します。法名の蔵春院からヒントを得て付けた名前でしょう。 今川氏真とは...
井伊家

近藤康用・秀用、今川家から徳川に寝返った井伊谷三人衆

近藤康用は井伊谷三人衆の一人。今川家の家臣でしたが徳川家康に味方しました。 家康の遠江侵攻をたすけたことで井伊谷を与えられます。井伊家に代わって井伊谷を治めました。子の秀用は井伊直政の配下になりましたが、直政とうまくいかずに井伊家を出...
今川家

関口氏経は井伊谷徳政令をめぐって次郎法師(井伊直虎)と対立した?

関口家は今川家の分家筋にあたる名門の家柄。今川義元・氏真の時代には今川家を支える重臣として働きました。 関口氏経は氏真に仕えました。井伊谷をめぐる徳政令では重要な働きをします。井伊直虎を井伊谷の領主から解任し、井伊谷を今川家の直轄地にする...
今川家

今川義元の今川家とはどんな一族なのでしょうか

今川家は戦国時代大きな勢力を誇ったて一族です。しかし、今川義元が桶狭間で討たれたせいかあまり注目されることがありません。しかし、当時日本で大きな勢力を持っていた大名なのは確かで、義元の時代にはもっとも天下に近いとまでいわれたこともあります。...
今川家

太源雪斎(崇孚)・今川義元を大大名に押し上げた黒衣の宰相

太源雪斎(崇孚)は今川家の軍師です。幼いころから今川義元を教育し、義元が今川家を継いだ後は補佐して政治・軍事に大活躍しました。僧侶でありながら、軍を率いて出陣しました。戦場でも功績をあげ、黒衣の宰相とも呼ばれます。今川家が義元の代で大きな勢...
5.3 戦国の女性

築山殿(瀬名姫) 徳川家康の正室は悪女だったの?

築山殿(瀬名姫)は徳川家康の長男・信康の母親。武田家と内通して処刑された人として知られています。悪女として語られることの多い築山殿ですが、作られた話も多く本当のことはよくわかりません。 築山殿は家康の母から嫌われていました。瀬名姫が今川家...
今川家

今川氏真 大名の地位を失うもしぶとく生き残り文化人と生きた人生

今川氏真は駿河・遠江・三河の大名・今川義元の嫡男です。今川家最後の当主だといわれています。一説には、和歌や蹴鞠などの遊びにのめりこんで国を滅ぼした無能な武将のイメージが定着しています。親の敵も討たずに遊んでいた。なんていわれることもあります...
今川家

今川義元 今川家の全盛期を作るも桶狭間で討死

今川義元と聞いてどんな人をイメージしますか?公家の姿をしたお殿様? 義元が生きた時代の戦国大名の中では天下人に最も近いともいわれたほどの人物。でも現代人のイメージは、公家かぶれの軟弱な殿様のイメージではないでしょうか。 でもそのイメージ...
5.3 戦国の女性

寿桂尼(じゅけいに) 今川の全盛期を支えた女大名

寿桂尼は今川義元の母として知られ、女大名ともいわれます。嫡男・氏輝亡きあと起こった今川家の家督争いでは三男の義元を当主に迎えました。桶狭間の戦いのあとも孫の氏真を支え続けました。女城主という点では直虎以上の力と実績を持つ女大名です。 ...
5.3 戦国の女性

佐名(さな) 築山殿の母・今川家の人質となった井伊直平の娘

大河ドラマ「おんな城主直虎」で花總まりさん演じる佐名は井伊直平の娘。井伊家が今川家に服従する証として人質として出された女性でした。 いったんは今川家にはいったあと、関口義広(親永)と結婚。娘を出産します。その娘はやがて徳川家康の正室と...
井伊家

小野但馬守政次・井伊直虎と対立し井伊谷を占領するも最後は処刑される

小野政次は井伊家筆頭家老・小野政直の嫡男です。直虎(ドラマではおとわ)や亀之丞の幼馴染です。最初は井伊家で他の家臣と対立する父・和泉守政直を見て葛藤します。大河ドラマでは直虎を思いやり井伊家を守ろうとする人物に描かれていますが、歴史上の...
井伊家

小野和泉守 政直 井伊家の筆頭家老は今川家とつながる監視役

井伊家筆頭家老。京の名門につながる家系といわれます。井伊家に仕えることになり、代々家老を務めます。今川家よりの立場をとり、井伊家中の反今川派から反発を受けます。井伊直満に謀反の疑いをかけ、今川義元に処刑させ井伊家内部での発言力を高めてい...
井伊家

新野左馬介親矩 今川家臣ながら井伊家に尽くす

新野左馬之助は今川家の家臣。井伊家を監視するために派遣された目付けでした。妹を井伊家に井伊家に嫁がせていい毛との関係を深めていきます。そのせいでしょうか、今川家臣でありながら、井伊家には同情的でした。井伊家に問題が起きると井伊家のために働き...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました