スポンサーリンク

どうして戦国時代の身分の高い女性は立て膝なの?

大河ドラマ「麒麟が来る」を見ていると身分の高い女性が立て膝で座っています。

光秀の母・お牧役の石川さゆりさん、帰蝶役の川口春奈さんなど。身分の高い女性たちは片方の膝を立てて座っていることが多いですいよね。

現代日本人からみると女性が膝を立てるなんて、ちょっとお行儀悪いと思うかもしれません。

ところが違うんです。

戦国時代までは身分の高い女性は立て膝が正しい作法だったんです。

戦国時代までは高貴な女性は立て膝が当たり前

古来よりインドから東のアジア地域では床に座る習慣がありました。

男性なら両足を開いて座る「あぐら」が普通。

女性は片方の膝を立てる座る方も多かったようです。「立て膝(たてひざ)」といいます。女性があぐらでも問題はありません。

インド・中国・朝鮮半島そして日本。古い時代のアジアでは女性は立膝が普通だったのです。

仏像にときどき立て膝の菩薩があるのもそのためです。

菩薩像(by楽天)

インドでは男も立て膝で座ることがありますが、菩薩はインドの女神をモデルしていることがあります。そのため立て膝の菩薩像が作られたのです。

インドの女神像はあぐらか立て膝です。

サラスヴァティ(by 楽天)

 

中国は胡族(騎馬民族)の影響で椅子の文化が普及しました。立て膝はしだいに廃れていきました。

アジアに限らず世界各地で正座の習慣は古くからありました。

正座はもともと神への祈りの姿勢です。

そこから身分の高い人の前で座る時の姿勢になりました。謝罪のとき。罪人の座り方も膝を折って座ります。

それは日本も同じです。

つまり戦国時代までは正座はあまり一般的ではないです。とくに身分の高い人は正座で座る機会は少なかったのです。

女性だからといって正座だとは限らないのですね。

家の女主は夫や子どもたち、家臣、侍女の前では立膝で座ります。

主君や家格、身分が高い人の前では正座です。相手によって座り方を変えているのです。

だから光秀の母・お牧(石川さゆり)は、光秀(長谷川博己)や義理の弟の光安(西村まさひこ)の前では立て膝で座ってます。

でも主君の娘の帰蝶(川口春奈)が家に来た時は正座で出迎えました。

信長の母・土田御前(檀れい)も織田信秀(高橋克典)の側で座る時や信長(染谷将太)の前では立て膝です。

土田御前(檀れい)は特に姿勢がよくて背筋をピンと伸ばしています。織田家の奥を仕切る身分の高い女性なので威厳を見せているのかもしれません。もともと女優さんの姿勢がいいのかもしれませんが。武家の女性が姿勢を正しくして立膝で座るのは凛々しいと思います。

侍女たちも主君の命令を聞いている時は立膝で待機している場面があります。これはすぐに動けるようにするため、かしこまる必要がないからです。とくに武家はなにかあったらすぐに動けないと困ります。武家では正座はあまり広まりませんでした。

一方の駒(門脇麦)は誰の前でも正座です。立膝で座ることはありません。駒の身分が高くないこと、年が若いので周囲の人に気を配って常に正座で座っているのです。

最近では女性が立て膝で座る機会は韓国時代劇くらいしかみかけませんでした。そのため韓国風の座り方だと批判している人もいるようです。

日本でも高貴な女性の座り方は立膝が当たり前だったのです。

歴史好きな人にとっては当たり前だったのですけれど。歴史に詳しくない人にとっては違和感があるかもしれません。

でも。韓国時代劇の女性の立膝が偉そうな感じがするのに対して、大河ドラマに登場する戦国の女性たちの立て膝は凛々しさと美しさがあります。姿勢の違いなのでしょう。

立て膝がなくなったのは江戸時代から

では女性は正座が当たり前になったのはいつからでしょうか?

ズバリ、江戸時代からです。

儒教(朱子学)の普及

江戸時代。徳川幕府は儒教(朱子学)を採用しました。武士階級に儒教を広めました。江戸時代後半には庶民にも広まります。

江戸時代に広まった朱子学は孔子が始めた儒教とは少し違います。上下関係の徹底や攘夷の思想が強いのが特徴です。

武士と町人の身分、主君と家臣の身分をはっきりさせるために広めました。身分の上下をはっきりさせるのに儒教は都合がいいのです。

儒教では女性の地位が低いです。江戸時代には男と女の立場も上下に分けてしまいました。そのため女性は正座でなければいけない。という考えが広まったんですね。

江戸時代だけでなく、明治~昭和も儒教の影響が強い時代です。儒教は習っていないと思うかもしれませんが。明治~昭和の人々が考える「日本人の礼儀・道徳・価値観」は儒教の影響が強いです。

儒教国でも立て膝は残ったのになぜ日本だげが?

でもそれだけなら儒教国はみんな女性が正座をしているはず?となりますよね。

日本以上に儒教(朱子学)が強くて身分制度に厳しい朝鮮では身分の低い人は男女関係なく正座です。

女性も夫や親など自分より地位の高い男性の前では立膝では座りません。とくに両班(支配階級)ではその傾向が強いです。

現代の韓国では身分制度がなくなったので多くの女性が立て膝で座ります。身分の高い人の座り方を皆が真似しているからです。

正座が正しい姿勢とされているのは日本だけなんですね。

つまり立膝がなくなったのは儒教だけが理由ではない。ということです。

日本で正座が広まったもう一つの理由があるのです。

畳と茶道の普及

畳の普及

江戸時代に畳が普及したのも正座が広まった理由のひとつです。

板の間で正座をするのは痛くて大変です。それこそ拷問のようです。だから戦国時代までは正座は普及しませんでした。

畳を部屋に敷き詰める方法は室町時代に生まれた書院造で確立しました。でも高価なのでなかなか普及しませんでした。戦国時代までは板張りが一般的です。

江戸時代には武家に書院造が普及。裕福な町人の家にまで畳が広まりました。正座で座っても痛くなくなったのです。

きれいな姿勢を大切にする文化が広まった

茶道や華道などの普及も正座が広まるのに大きく貢献しました。

もともと畳が普及したのも茶道が広まったからです。茶道では畳の部屋で正座します。だから畳の部屋が必要になるのです。

さらに華道や書道などさまざまな習い事で正座を採用。正座が普及する理由になりました。

茶道などきれいな姿勢を大切にする文化と畳の普及が正座が広まる理由になったのです。

儒教が普及して男尊女卑の強かった朝鮮で女性が立て膝をしていた理由。

それは畳が普及せず茶道や華道のような姿勢を大切にする習い事がなかったからです。

つまり文化の発展の仕方が違うのです。

今では日本人の作法になった正座

律儀な日本人は礼儀作法を大切にして様々な場面で正座を普及させました。

上下関係をはっきりさせる考え方。正座でも痛くない畳。姿勢を正しくする文化の普及。様々な要素があわさって正座が普及しました。

立膝は戦国時代までは普通にありました。でも今では正座が美しい姿勢とされています。

昔の日本には今とは違う文化や習慣があったのですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました