明智光秀 年表

スポンサーリンク

明智光秀 の人生を年表にしました。

生年などは通説に従っています。

明智光秀のプロフィール

名 前:明智光秀(あけち みつひで)
幼 名:彦太郎
通 称:十兵衛
別 名:惟任日向守
生 年:年(1679年)
没 年:天正10年6月13日(1582年7月2日)
父:明智光綱
母:お牧の方
妻:煕子
子: 光慶、玉、他

明智光秀の年表

表は和暦・西暦・数え歳・主なできごとの順に並んでます。

斎藤家~放浪時代

大永8年
享禄元年
1528年 明智光秀誕生
天文3年 1534年 7 織田信長誕生 
天文6年  1537年 10  豊臣秀吉誕生
弘治2年4月  1556年  29  長良川の戦い。斎藤道三と斎藤義龍が戦う。道三は討ち死に。 
弘治2年 1556年  29  明智城(岐阜県可児市)が斎藤義龍の軍に攻められ落城。光秀落ち延びる。
時期不明      越前の朝倉義景をたより保護を受ける。
称念寺(福井県坂井市)門前で暮らしたとも。
永禄6年  1563年 36 娘の玉(ガラシャ)が生まれる。
永禄8年
5月9日 
1565年  38 永禄の政変:室町幕府第13代将軍 足利義輝が暗殺される。
       このころ近江高島郡田中城にいたとも

 

足利義昭に仕える

永禄9年 1566年 39 足利義昭と細川藤孝が朝倉義景を頼って越前に来る。
永禄10年 1567年 40 この頃までには足利義昭の足軽衆になる。上役は細川藤孝。
永禄11年
6月23日
1568年
7月17日
41 義昭が織田信長に上洛するよう要請。光秀は使者の細川藤孝に同行。

足利義昭と織田信長の両属時代

永禄11年
9月26日
1568年
10月16日
41 織田信長が義昭を上洛させる。光秀も同行。
11月15日     細川藤孝とともに連歌会に出席。
永禄12年
1月5日
1569年
1月21日
42 本圀寺の変:三好三人衆が義昭宿所の本圀寺を襲った。光秀も防戦に参加。
4月     この頃から木下秀吉、丹羽長秀、中川重政とともに京都と周辺の政務を行なう。
事実上の京都奉行。
10月     信長と義昭の意見が衝突。信長が岐阜に帰ってしまう。
元亀元年
4月28日
1570年
6月1日
43 金ヶ崎の戦い:朝倉攻めの織田信長が浅井長政の裏切りにあい撤退。
羽柴秀吉とともに殿を務める。
元亀元年
4月30日
1570年
6月3日
43 丹羽長秀と共に若狭へ派遣される。武藤友益から人質を取り城館を破壊。
      このころ。義昭から所領として山城国久世荘(京都市南区久世)を与えられる。 
元亀元年
9月 
1570年  43 浅井・朝倉残党が比叡山に入る。
志賀の陣:兵力300~400を率いて参戦。
森可成の戦死後、宇佐山城を任される。
近江国志賀郡周辺の土豪の懐柔を担当。 
      長男 十五郎(光慶)誕生。
元亀2年 1571年 44 石山本願寺が挙兵。義昭・信長とともに出陣。
元亀2年
9月
1571年   比叡山焼き討ち
比叡山周辺の土豪の調略を担当。
戦後処理担当。
信長から旧比叡山領の志賀郡(約5万石)を与えられる。
      このころ坂本城(滋賀県大津市)の建設を始める。
元亀2年12月 1571年   義昭に暇願いを出す。拒否される。
元亀3年4月 1572年 45 河内に出陣。
元亀3年12月 1572年   坂本城完成。

 

織田信長に仕える

元亀4年2月 1573年 46 義昭が挙兵。光秀は信長に従って義昭と戦う。
元亀4年7月     信長は義昭と和睦しようとしたが松永久秀の妨害で失敗。
      義昭が槇島城(京都府宇治市)で挙兵。光秀は信長側で出陣。義昭は降伏し京を追放される。
天正元年7月 1573年   村井貞勝が京都所司代になる。光秀はその後も貞勝とともに代官を務める。
天正元年8月 1573年   信長の浅井・朝倉攻めに参加。越前に向かう。
天正3年
4月
1575年 48 高屋城(大阪府羽曳野市)の戦いに参戦。
5月     長篠の戦いに参戦。
7月     惟任(これとう)の姓をもらう。従五位下日向守に任官。
8月     越前一向一揆攻めに参戦。
      信長から丹波攻略を命じられる。
10月     黒井城(兵庫県丹波市)の戦い。波多野秀治の裏切りで敗退。坂本城に戻る。
天正4年
4月
1576年 49 石山本願寺との天王寺(大阪市天王寺)の戦い。
5月     本願寺勢の攻撃を受け天王寺砦を囲まれ劣勢になる。
京都にいた信長が救援に駆けつけ勝利。
5月23日     過労(あるいは病気)で倒れて休養する。
11月7日     妻・煕子死亡。
天正5年2月 1577年 50 雑賀攻めに参戦。
10月     信貴山城(奈良県平群町)の戦いに参戦。
敵将・松永久秀討ち死に。
      丹波攻めを再開。亀山城を攻略。
天正6年4月   51 毛利攻めの羽柴秀吉の増援として播磨に向かう。
6月     神吉城(兵庫県加古川市)攻めに加わる。
8月     娘の珠(ガラシャ)が細川忠興と結婚。
10月     荒木村重が謀反。有岡城の戦いに加わる。
天正7年2月 1579年 52 包囲していた八上城を落とす。
      黒井城を落とす。丹波国平定。
      細川藤孝とともに丹後国も平定。
天正8年 1580年 53 丹波一国(約29万石)が加増され34万石になる。
      亀山城・周山城完成
      横山城(京都府福知山市)を修築して「福智山城」に改名。
      丹後国の細川藤孝、大和国の筒井順慶らが配下に加わる。
天正9年 1581年 54 京都で馬揃えの責任者になる。
6月     明智家法を書いた。
8月     光秀の(義)妹で信長の側室だった妻木死亡。
12月     明智家中法度を作成。
天正10年3月 1582年 55 織田信忠の武田攻めに従軍。
4月     甲斐より戻る。

本能寺の変

天正10年5月 1582年 55 徳川家康饗応役を解任され羽柴秀吉の毛利攻め支援を命じられる。
6月1日 6月20日   丹波亀山城を出陣
      途中、軍議をひらき重臣に信長を討つことを明かす。
6月2日未明 6月21日   京都・桂川に到着。戦闘準備。
6月2日曙(午前4時頃)     信長の宿泊する本能寺を囲む。
6月2日辰の刻(午前8時頃)     信長自刃。戦闘が終わる。
午の刻(正午ごろ)     信忠のいる二条の御新造を囲む。信忠自刃。
       

山崎の戦い

天正10年
6月4日
1582年
6月23日
55 このころまでに近江を平定
6月5日     安土城に入り金品を奪い家臣や味方に与える
6月6日     誠仁親王の使者・吉田兼和から京都の治安維持を任される。
6月8日     安土を出発。
6月9日     宮中に参内。
6月10日     羽柴秀吉接近の報告をうけ淀城、勝龍寺城を修繕・迎撃準備を行う。
6月12日     明智軍と羽柴軍が天王山付近に布陣。
6月13日     午後4時ごろ戦闘が始まる。
      光秀・勝龍寺城に退却。
      坂本に向かう途中落ち武者狩りで死亡。
6月14日     明智光満が安土から坂本城に入る。
6月15日     坂本城が堀秀政に攻められ光満が防戦するが落城。光秀の妻子、明智光満らが自害。
6月17日     斎藤利三が潜伏先の堅田で生け捕りになり処刑される。

こうしてみると意外と晩年に活躍した人なのがわかります。

 

コメント

  1. kinsan より:

    現在、滋賀県大津市の大津市埋蔵文化財調査センターで、大津城跡・坂本城跡・膳所城跡の出土遺物が展示されています。

タイトルとURLをコピーしました