2.ハレムの人々

スポンサーリンク
2.ハレムの人々

フィダン・ハトゥン は マヒデブランに仕えた実在の侍女

フィダン・ハトゥンはオスマン帝国の女官。 ドラマ「オスマン帝国外伝・愛と欲望のハレム」に登場します。最初はギュルとともに活動していましたが、後に反ヒュッレムになり。マヒデブランに仕えました。 登場回数が多い割にあまり重要な役どころではな...
2.ハレムの人々

ヌールバーヌー・スルタン|ハレムからセリム2世を操ったヴェネチア女性

ヌールバーヌーはオスマン帝国の第11代皇帝セリム2世の正妻。 第12代皇帝ムラト3世の母です。 スレイマン1世死後、セリム2世~ムラト3世時代のハレムで大きな権力をもった女性だと言われます。このころから皇帝の権力が落ちてハレムの影響が強...
2.ハレムの人々

ムスタファ皇子の妻と子供たち

シェフザーデ・ムスタファはオスマン帝国の皇子。 トルコのドラマ・オスマン帝国外伝でも登場します。 シーズン3・4では成人したムスタファが登場するので彼の妻・側女や子どもたちも登場します。 そこで歴史上のムスタファの妻と子どもたちを紹介...
2.ハレムの人々

フィルーゼ|スレイマンのお気に入りはペルシャの王族だった

オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~シーズン3では新たな側女としてフィルーゼが登場します。 フィルーゼとはいったいどのような女性なのでしょうか?簡単に紹介します。 ネタバレ要素があるので、知りたくない方はご注意ください。 フィルーゼ ...
2.ハレムの人々

ルメイサ・ハトゥン:ムスタファ皇子に最も愛されハレムを支配した女性

ルメイサ・ハトゥンはオスマン帝国のムスタファ皇子の妻。生母のマヒデブランを除けば、ムスタファのハレムで最も権力のあった女性といわれます。 ルメイサ・ハトゥンについて紹介します。 ルメイサ・ハトゥンの史実 名前:ルメイサ・ディレフルス(...
2.ハレムの人々

ファトマ・ハトゥン:ムスタファ皇子が最初に愛した女性

ファトマ・ハトゥンはオスマン帝国ムスタファ皇子の側女。 ムスタファ皇子が最初に愛した女性といわれます。 ドラマではムスタファと会う前にマヒデブランの侍女として登場し様々な事件に関わりますがそれは架空の話です。しかしムスタファの側女となっ...
2.ハレムの人々

アフィフェ・ハトゥン 皇帝スレイマンの乳母は実在した?

アフィフェ・ハトゥンは、オスマン帝国皇帝スレイマン1世の乳母でした。 彼女の息子は、スレイマン1世の時代に活躍したイスラム教の法学者ヤヒヤ・エフェンディです。 トルコのドラマ「オスマン帝国外伝シーズン3」ではハレムの責任者として登場しま...
2.ハレムの人々

ギュルフェム・ハトゥン、ハレムの管理人もしていたスレイマンの皇帝妃

ギュルフェム・ハトゥンはオスマン帝国皇帝スレイマン1世の2人目の愛妾。 スレイマンの妻とか皇帝妃と紹介されることがありますが、法的な結婚はしていません。ハレムの一員でした。カドゥン(Kadin)という地位にあって事実上の妻として扱われてい...
2.ハレムの人々

ハフサ・アイシェ、宮廷で大きな影響力を持っていたスレイマン1世の母后

ハフサ・アイシェはオスマン帝国の母后。皇帝スレイマンの母親です。 ハフサ・スルタンとも呼ばれます。スルタンは皇帝と訳されることが多いですが、本来は皇族の一員という意味です。そのため皇后や皇帝の子女にも使われました。そのため名前にスルタンと...
2.ハレムの人々

マヒデヴラン・ギュルバハル:息子を失った悲劇の皇帝妃

マヒデブラン(Mahidevran)はオスマン帝国の第10代スルタン(皇帝)スレイマン1世の第1夫人です。 息子のムスタファが王位後継者の有力候補でしたが、陰謀に巻き込まれ命を失ってしまいます。 同じ時代には悪名高いヒュレム=ロクセラー...
2.ハレムの人々

ヒュッレム・ハセキ・スルタンはオスマン帝国で奴隷から皇后になった

ヒュッレム・ハセキ・スルタンはオスマン帝国の皇后です。 歴史上はヒュッレムと呼ばれますが、本名はアレクサンドラ・アナスタシア・リソフスカといいます。ヨーロッパではロクセラーナとよばれることも多いです。 ヨーロッパでは有名な人物ですが日本...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました