6 近現代

「スカーレット」川原 喜美子のモデル神山清子とは

NHK朝の連続テレビ小説(朝ドラ)「スカーレット」のヒロイン・川原 喜美子のモチーフになったのは女性陶芸家で骨髄バンク設立の運動も行った神山清子さんです。 川原 喜美子は神山清子 さんを直接モデルにしたわけではありません。人生の前...
7 世界史

アレクサンドロス3世・世界帝国を築いた伝説的な大王

アレクサンドロス3世は古代ギリシャのマケドニア王国国王です。 英語ではアレキサンダー大王、アレクサンダー大王(Alexander the Great)ともよばれます。アラビア語やペルシャ語ではイスカンダルといいます。 ヨーロッパ・アフリ...
7 世界史

アヌスヤ王女:ポロスの母とは?

アヌスヤ王女は「ポロス・古代インド英雄伝」に登場するタクシラ国の王女。 インドの伝説的な英雄ポロスの母親として登場します。ポロスはアレキサンドロス3世(アレキサンダー大王)と戦った歴史上の人物です。でも歴史上のポロスの母親はよくわかってい...
スポンサーリンク
7 世界史

マザウス :アレクサンドロスに降伏したペルシャの将軍

マザウスはペルシャの将軍であり、バビロニア州の太守でした。 マザイオスやムアシズと呼ばれることもあります。 ギリシャとペルシャの戦争がはじまっても目立った活躍はしていませんでしたが、ガウガメラの戦いではマケドニア軍の部隊を壊滅寸前まで追...
7 世界史

ダレイオス3世:アレクサンドロス3世に敗れたアケメネス朝ペルシャ最後の王

ダレイオス3世はアケメネス朝ペルシャの皇帝です。 アレクサンドロス3世(アレキサンダー大王)との戦いに敗れアケメネス朝ペルシャの最後の王になりました。 インドドラマ「ポロス・インド古代英雄伝」では最初は商人として登場しますがあとで本性を...
7 世界史

フィリッポス2世:アレキサンダー大王の父はマケドニアをギリシャ最強国にした

フィリッポス2世はマケドニアの国王。ピリッポス2世ともいわれます。 世界的な大帝国を作ったアレクサンドロス3世(アレキサンダー大王)の父親です。少年時代を人質として過ごし戦乱に明け暮れた一生でした。決して大国とは言えなかったマケドニアをギ...
7 世界史

アンビ(タクシレス)アレクサンダー大王に降伏してポロスと戦ったタキシラ国王

アンビは古代インドにあったタキシラ国の国王。アンビクマールともいいます。ギリシャではタキシラの地名をとってタクシレスと呼ばれます。 アンビのタキシラ国は長年ポロスのパウラヴァ国と争っていました。 アレクサンドロス3世がインド方面に遠征す...
7 世界史

オリュンピアス :アレクサンダー大王の母は野心家だった

オリュンピアスはアレクサンドロス3世(アレクサンダー大王)の母親です。 ギリシャのエピロスという国に生まれた王族でした。マケドニア王フィリッポス2世と結婚してアレクサンダー大王を産みます。 彼女はフィリッポス2世と不仲になって実家に戻り...
オスマン帝国

リュメイサ・ハトゥン:ムスタファ皇子に最も愛されハレムを支配した女性

リュメイサ・ハトゥンはオスマン帝国のムスタファ皇子の妻。生母のマヒデブランを除けば、ムスタファのハレムで最も権力のあった女性といわれます。 リュメイサ・ハトゥンについて紹介します。 リュメイサ・ハトゥンの史実 名前:リュメイサ・ディレ...
オスマン帝国

ファトマ・ハトゥン:ムスタファ皇子が最初に愛した女性

ファトマ・ハトゥンはオスマン帝国ムスタファ皇子の側女。 ムスタファ皇子が最初に愛した女性といわれます。 ドラマではムスタファと会う前にマヒデブランの侍女として登場し様々な事件に関わりますがそれは架空の話です。しかしムスタファの側女となっ...
オスマン帝国

ヤヒヤ・エフェンディ:スレイマンの乳兄弟はマヒデブランを庇って教授を解雇された

ヤヒヤ・エフェンディはオスマン帝国の学者であり教育者。 母アフィフはスレイマンの乳母だったのでスレイマンとヤヒヤは乳兄弟になります。 オスマン帝国でもトップクラスの学者になり高等教育機関で教授を務めました。しかしムスタファを処刑したスレ...
オスマン帝国

アフィフェ・ハトゥン 皇帝スレイマンの乳母は実在した?

アフィフェ・ハトゥンは、オスマン帝国皇帝スレイマン1世の乳母でした。 彼女の息子は、スレイマン1世の時代に活躍したイスラム教の法学者ヤヒヤ・エフェンディです。 トルコのドラマ「オスマン帝国外伝シーズン3」ではハレムの責任者として登場しま...
オスマン帝国

アヤス・パシャ:スレイマンを支えた元軍人の冷静な宰相

アヤス・パシャはオスマン帝国の宰相です。 アヤス・メフメット・パシャともいいます。 セリム1世からスレイマン1世の時代に活躍しました。若い頃はイエニチェリ(常設歩兵部隊)を率いる隊長として戦場で活躍し。その後知事としての実績を重ねました...
7 世界史

ポロスはアレキサンダー大王と戦ったインドの王

ポロスは古代インド、インダス川流域にあったパウラヴァ国の王。アレクサンドロス3世(アレクサンダー大王)と戦ったことで知られます。ポロスはアレクサンドロスに敗れはしましたが、アレクサンドロスが最も苦戦した戦いでした。アレクサンドロスはポロスの...
ドラマが分かる知識

オスマン帝国外伝登場人物の年齢を徹底比較・あの人は何歳?

オスマン帝国外伝には様々な人物が登場します。 登場人物の年齢は気になったので計算してみました。ドラマの役者さんはあまり年齢をとりませんし、見ただけでは歳はわからないからです。歴史上の人物がいる場合は年表から計算できますので、重要な場面で...
ドラマが分かる知識

オスマン帝国外伝シーズン3がわかる人物事典

「オスマン帝国外伝・愛と欲望のハレム」はトルコ版大奥のようなドラマで面白いですね。でもトルコの歴史や人物は知らない人も多いと思います。 そこでドラマのシーズン3に出てくる人々について簡単にわかりやすく紹介します。 ネタバレ要素も含...
ドラマが分かる知識

バルバロッサ?元海賊のオスマン帝国の提督に名前がいくつもある理由

 オスマン帝国の海軍提督バルバロスにはたくさんの名前があります。 フズール、ハイレッディン、バルバロス、バルバロッサです。 なぜこんなに名前があるのか紹介します。 バルバロス・ハイレッディンの名前 フズール・レイス(Hizir Re...
オスマン帝国

エブッスード・エフェンディ:オスマン帝国の法律を整備した法学者

エブッスード・エフェンディはオスマン帝国の裁判官で法学者。 スレイマン1世はヨーロッパでは壮麗王(マグニフィセント)と呼ばれましたが、オスマン帝国国内では立法王(カーヌニー)と呼ばれました。法律の整備に熱心な皇帝として知られます。スレイマ...
スペイン

狂女フアナ 精神を病んだカスティーリャ女王

王女フアナはカスティーリャ女王イサベルの娘。 精神を病んでいたことから狂女フアナ(Juana la Loca)とも呼ばれます。 フアナは母イサベル1世の死後、カスティーリャの女王になります。 精神を病みながらも王位への執着は最期まで衰...
オスマン帝国

バルバロス・ヘイレッディン・パシャ:キリスト教国に恐れられたトルコ海軍提督

バルバロス・ハイレッディン・パシャはオスマン帝国の海軍提督です。ヨーロッパ諸国からは海賊バルバロスとして恐れられました。 トルコではバルバロス・ハイレッディン・パシャ ヨーロッパではハイレッディン・バルバロッサとも呼ばれます。 バル...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました