関口氏純は築山殿(瀬名姫)の父、家康の裏切りで自害

関口家は今川家の分家筋にあたる名門の家柄。今川義元・氏真の時代も今川家を支える重臣として働きました。氏純は今川義元・氏真に仕えました。

関口氏純は徳川家康の正室・築山殿の父親です。しかし家康が今川家を裏切ったために切腹させられてしまいました。

今川家を支えた関口氏純について紹介します。

関口氏純(せきぐち うじずみ)

名前:瀬名義広→関口氏純→関口親永?

父:瀬名氏貞
母:堀越貞基の娘
官位:刑部少輔
生年:永正15年(1518年)
没年:永禄5年(1562年)

瀬名氏貞の次男。瀬名義広(せなよしひろ)と名乗っていました。

瀬名家は今川家から分かれた一族。駿河国庵原郡瀬名村に移りすんだことから瀬名と名乗るようになりました。

氏純は関口氏縁の養子となります。関口家を継ぎました。関口氏純と名前を変えたといわれます。主君の今川氏親から親の字をもらって”親永”に名前を変えたとも言われますが、後世の記録なので真偽はわかりません。

関口家も今川家から分かれた名門の一族です。瀬名家よりも歴史が古く家格としては上だったようです。しかし関口氏縁には後継者になる男子がいなかったらしく、今川一族の瀬名家から養子をもらいうけて後継者としました。それが関口氏純です。

氏純は駿河持船城主となりました。今川家の重臣というだけでなく、室町幕府の奉公衆にも任命されました。今川家と室町幕府をつなぐ重要な役目も担いました。

スポンサーリンク

娘(瀬名)は松平元康と結婚

妻は今川義元の妹だとされています。井伊直平の娘を今川義元が養女(養妹)にしたうえで関口家に嫁がせたと言われています。大河ドラマ・おんな城主直虎では”佐奈”という名前で登場します。娘は瀬名姫(築山殿)。瀬名姫は松平元康(徳川家康)に嫁ぎました。今川義元としては松平元康は今川家が三河国を治めるうえで重要な家臣と考えていたようです。そこで重臣の関口家の娘と結婚させたようです。息子がいたようですが氏純のあと関口家を相続した氏経とは別人のようです。

永禄3年(1560)。桶狭間の戦いで今川義元が討ち死にします。義元に従っていた関口氏縁も死亡しました。氏縁の死をうけて氏純は関口家を相続しました。氏純は義元の後継者・氏真を支えました。

永禄5年(1562年)。松平元康が織田信長と同盟を結び今川家を裏切ってしまいます。松平の裏切りで激怒したのが今川氏真です。氏真は松平元康の妻子、瀬名姫と竹千代(松平信康)を処刑しようとします。人質交換で瀬名姫と竹千代は松平に渡されました。しかし、瀬名姫の両親である、関口氏純は切腹を命じられました。氏純と氏純の妻はともに命を絶ちました。享年45.