西郷隆盛が坂本龍馬暗殺の黒幕だったって本当?

坂本龍馬の暗殺について、誰が何のために暗殺したのか様々な説があります。

坂本龍馬暗殺の実行犯は京都見廻組の説が有力です。というより明治時代から京都見廻組だと言われてきましたし、それ以上に有力な説はありません。

でも黒幕が誰だったのかは未だにはっきりしていません。様々な説があります。

その中でも近年流行しているのが「西郷隆盛が坂本龍馬暗殺の黒幕だった」という説です。

西郷隆盛と坂本龍馬は親しかったはずなのになぜ暗殺しなければいけないのでしょうか?

西郷隆盛黒幕説に迫ってみたいと思います。

西郷隆盛が坂本龍馬を暗殺する理由

武力倒幕派には邪魔になったから

よく言われる説です。武力倒幕を目指していた西郷隆盛たち薩摩藩にとって坂本龍馬が邪魔になったから。というもの。

坂本龍馬は幕府と戦って権力の座から引きずり下ろすのではなく、平和的な方法で討幕を目指していました。

それが将軍が自ら将軍職を返上する「大政奉還」につながります。

すると将軍を討つという大義名分を失った薩摩は武力倒幕できなくなります。平和的に新政府ができると武力倒幕を目指していた薩摩の発言力が落ちる。新政府で主導権がとれなくなる。

だから平和的な方法で討幕を行おうとする坂本龍馬は邪魔だ。というものです。

ところが、この説には無理があるんです。

大政奉還は坂本龍馬一人で成し遂げたのではない

第一に、
大政奉還は坂本龍馬個人が進めていたものではないこと。ドラマや小説の影響からか、大政奉還は坂本龍馬の発想で、坂本龍馬が中心になって進めていたと信じてる人がいます。

ところがそうではありません。将軍職を返上させて内戦を起こさずに政権交代させようという考えは坂本龍馬以前からありました。

倒幕派の中でも土佐藩上層部は大政奉還に熱心でした。だから徳川慶喜に大政奉還の進言をしたのは土佐藩主・山内容堂と土佐藩家老・後藤象二郎でした。

土佐にも中岡慎太郎・乾退助(板垣退助)ら武力倒幕派はいましたが、山内容堂から武力倒幕の同意は得られていません。

山内容堂は大政奉還のあとも徳川慶喜を新政府に参加させようと岩倉具視たちに意見しています。あまりにもうるさいので西郷隆盛が切ってしまおうと言ったくらいです。

初代土佐藩主の山内一豊は徳川家康に味方して土佐を与えられました。山内家は徳川憎しの島津・毛利とは根本的な考えが違うのです。

薩摩は大政奉還を認めていた

土佐の山内容堂は大政奉還を徳川慶喜に上奏する前、薩摩にも連絡しています。そのときの薩摩の返事も「問題ない」というものでした。

1867年6月22日。土佐藩は薩摩藩と徳川慶喜に将軍職を返上させるという密約を交わしました。(薩土盟約)

裏では西郷隆盛と中岡慎太郎・乾退助(板垣退助)との間で武力倒幕の際には土佐藩も参加するという密約を結んではいました。しかし大政奉還そのものには反対はしていなかったのです。

つまり。
大政奉還は土佐藩の基本方針で薩摩藩も同意している。
大政奉還は坂本龍馬個人が進めていたわけでなく、山内容堂の意志で行っている。

したがって、
仮に西郷隆盛が大政奉還が気にいらないと思っても、坂本龍馬個人を殺しても何の解決にもならないのです。

山内容堂を殺さないと大政奉還は阻止できません。もちろんそんなことをしたら討幕どころか倒幕派内部で戦いになります。

つまり「薩摩が武力倒幕をしたいから坂本龍馬を暗殺する」というのは、ドラマや小説を信じた人が勝手に想像した架空の話に過ぎないのです。

秘密を知りすぎた坂本龍馬は必要なくなったから

最近、歴史研究家の間で注目されているのはこちらの説。

坂本龍馬エージェント説

坂本龍馬は世間で言われているほどの大物ではない。西郷隆盛が雇っていたエージェントにすぎない。というもの。

もともと坂本龍馬が作った亀山社中は薩摩藩の援助でできました。坂本龍馬は幕府の海軍操練所にいました。ところが海軍操練所が閉鎖されたため居場所がなくなり。仲間とともに勝海舟の紹介で薩摩の西郷隆盛の援助を受けました。

薩摩藩家老の小松帯刀も「浪人者を雇っていれば航海の役に立つだろう」と坂本龍馬達の受け入れを認めています。

亀山社中がスポンサーである薩摩の意向をうけて動いていたいたとしても不思議ではありません。

薩長同盟の功労者は中岡慎太郎

もともと薩長同盟は坂本龍馬よりも先に中岡慎太郎が進めていたアイデアでした。

途中から坂本龍馬も参加します。薩摩藩とつながりのある坂本龍馬が参加することで中岡慎太郎たちが考えていた薩長同盟も進めやすくなったのでしょう。

西郷隆盛も幕府に見切りをつけて、できれば長州とのつながりを作りたいと考えていたようです。それぞれの思惑が一致しての薩長同盟だったのです。

坂本龍馬が中立である必要はない

ここで仮に坂本龍馬が西郷隆盛の指示で動いて薩長同盟を成立させたエージェントだったとして。何か問題があるでしょうか?

長州としても坂本龍馬がただの脱藩浪人なら信用するはずがありません。西郷隆盛の代理人として見込んだから交渉にも応じたのでしょう。脱藩後、長州に匿われれて活動していた中岡慎太郎と立場は似ています。

薩摩に縁のある坂本龍馬と、長州に縁のある中岡慎太郎。二人が中立である必要はありません。むしろそれぞれにコネを持つ二人が協力したからこそ薩長同盟が成立したわけです。

薩摩も長州も、二人の後ろにはそれぞれの藩がついているのは分かっていたでしょう。ただの浪人なら信用するはずがありません。

こうしてみると仮に坂本龍馬が西郷隆盛の指示で動いていたとしても、殺される理由はないわけです。

評価の仕方は視点で変わる

坂本龍馬が西郷隆盛の指示で動いていたと言うと、なんだか坂本龍馬の地位を低くしてしまうように思えるかもしれません。でもそうでもないと思います。

確かに坂本龍馬は西郷の依頼も受けたでしょう。坂本龍馬はのちに土佐藩の援助を受けて海援隊をつくっています。そうせざるをえない事情はあったでしょうが、誰をスポンサーにするか、誰と取引するかは坂本龍馬が決めることです。

誰かの指示を受けていたというのなら西郷隆盛も同じです。明治維新は西郷隆盛が主導していたわけではありません。西郷隆盛も島津斉彬、久光や家老の小松帯刀。新政府になってからは岩倉具視ら新政府上層部の指示で動いていました。

もちろん大きな権限をもたされていましたし、西郷自身も様々なアイデアを出し自分の責任で行ったこともあるでしょう。

決して位の高い武士ではなかった西郷隆盛が明治維新で大きな働きをしていたように思えるのも、上から動かしていた人、任せてくれた人がいるからなのです。

どこに視点を持っていくかで、だれが主役か違って見える。というだけなのですね。

どうして坂本龍馬は暗殺されたのか

西郷隆盛に坂本龍馬暗殺の動機がないとすると、どうして坂本龍馬は暗殺されたのでしょうか?

様々な説がありますが、おそらくもっとも妥当だと思われる説は幕府側に殺害された。というものです。

もともと坂本龍馬は倒幕派の不逞浪士として幕府から追われていました。

寺田屋に泊まっていたところを幕府の役人に見つかって捕まるところでした(寺田屋事件)。

そのときに坂本龍馬は幕府の役人を殺しています。

幕府にとっては倒幕運動の活動家から凶悪犯罪者になったわけです。

京都の治安を担当していた見廻組や新撰組も坂本龍馬を探していたことでしょう。

そこに降ってわいたのが大政奉還です。幕府側勢力に動揺が走ります。

会津、桑名藩など、京の治安を担当していた幕府側勢力の内部には大政奉還に激怒して過激な行動に走りそうな人々がいたといいます。

大政奉還のあと、岩倉具視は会津の者たちが過激な行動をとる可能性があるので西郷隆盛、小松帯刀、大久保利通に国に戻るようにと文を書いています。

幕府側の人々にとって倒幕派は怒りの矛先を向ける対象になったのです。

西郷隆盛は薩摩に帰る前に坂本龍馬に身を隠すように文を送っています。脱藩して土佐藩に頼ることがしづらいなら薩摩藩が匿ってもいい、と書いています。それに対して坂本龍馬は「もしそうなっても仕方ない」と西郷隆盛の援助を断りました。あくまでも自由な立場で行動したかったのでしょう。

西郷の援助を断った坂本龍馬は結果的に暗殺されます。殺害したのは会津藩あるいは幕府側要人の命令で動いた京都見廻組。

坂本龍馬を殺害した実行犯は後に捕まりました。でも数年牢に入れられていただけでたいした罪には問われていません。捕まった理由は旧幕府軍として新政府軍と戦って捕虜になったからです。坂本龍馬を殺したから捕まったのではありません。

確かに取調中に坂本龍馬を殺したと自供したようです。でも幕府の役人が浪人を殺したからといって新政府にそれを裁く理由はありません。

西郷隆盛は個人的には坂本龍馬殺害の実行犯を恨めしいと思ったかもしれません。でも、それだけで旧幕府軍の捕虜を死刑にする理由にはならないのです。

ある意味、西郷隆盛の態度は冷たいと思われるかもしれません。西郷隆盛としては坂本龍馬に「暗殺の可能性がある」と忠告したのですし、坂本龍馬は西郷隆盛の援助を断って死んだのです。難問山積の明治新政府では、西郷もこれ以上かまってられないというのもあったでしょう。

だから明治政府が坂本龍馬暗殺犯を釈放したからといって西郷が暗殺の黒幕の理由にはならないのです。

歴史の事件は意外と普通

坂本龍馬はもともと取締対象の殺人犯だったうえに、大政奉還直後で過激な行動に走りやすくなってる幕府側の勢力によって殺害されました。

と考えると坂本龍馬暗殺事件は「倒幕派の浪人が幕府によって殺された」というごくありふれた内容になってしまいます。

でも、歴史とはそういうものなのでしょう。

つまらないかもしれません。

だからといって面白おかしい説を作ってもドラマとしては面白いかもしれませんが、それは歴史を知ることとは違います。

今回のテーマ:
西郷隆盛が坂本龍馬暗殺の黒幕だったって本当?

僕の答えは:
それはないでしょう。

本を売りたい作家なら主張するかもしれません。
学問として研究している人ならまず主張しないと思います。

表向きは坂本龍馬と中岡慎太郎は浪人。幕府の役人が不逞浪士を処分したというだけなのですから。

だからといって坂本龍馬の地位を貶めるものではありません。幕府からはそれだけの要注意人物として見られていたということです。坂本龍馬がは歴史を動かした人物の一人には違いありません。ただ西郷隆盛には坂本龍馬を暗殺する理由がないというだけです。