お由羅(ゆら)は我が子かわいさにお家騒動を起こした

お由羅は薩摩藩主・島津斉興の側室。遊羅とも書きます。

島津斉興の寵愛を受け、島津久光をうみました。

自分の産んだ久光を藩主にしようと、島津斉彬らと対立。お由羅騒動(高崎崩れ)といわれるお家騒動の原因になります。このお家騒動は西郷隆盛や大久保利通たちにも大きな影響を与えました。

お由羅とはどんな人だったのでしょうか。

 お由羅(ゆら)とは

名 前:岡田由羅(おかだ ゆら)
生 年:寛政7年(1795年)
没 年: 慶応2年10月28日(1866年12月4日)
父:不明
母:不明
子:智姫、島津久光、唯七郎

お由羅は町人の出身です。江戸の大工の娘だったとも八百屋の娘、船宿の娘だったともいわれます。

岡田姓を名のっていましたが養女になったときに名のった名字です。

江戸の薩摩藩邸に奉公に来ていたときに、島津斉興に見初められました。いったん島津家に仕える老女・島野の養女になり、斉興の側室になりました。

お由羅は斉興に大変愛されていました。江戸藩邸には正室の弥姫(周子)がいたので、お由羅は薩摩で暮らしました。斉興が参勤交代で江戸に向かうときもお由羅を連れて行ったといわれます。

斉興との間には三人の子供が産まれました。三女・智姫と七男・唯七郎は早世しましたが、五男・久光は成人しました。

文政7年(1824年)。斉興の正室・弥姫が死去すると「御国御前」と呼ばれました。斉興の寵愛を受けていたこともありますが、斉興の男子を産んで成人したのは弥姫の子・斉彬と、お由羅の子・久光だけでした。そのため弥姫なきあとは、事実上の正室としての扱いを受けます。

お由羅は我が子の久光を次の島津家当主にしようと考えました。

斉興も斉彬に継がせるのを嫌がり久光に継がせようと考えたとも言います。斉彬が蘭学に興味をもっていたこともあり、浪費するのではないかと心配した家老の調所広郷も久光を支持しました。

お由羅騒動

斉彬を支持する若手藩士たちが調所広郷が行っていた琉球を使っての密貿易を幕府に密告。藩主に責任が及ぶのをおそれた調所広郷は服毒自殺しました。

このころ、斉彬の子が何人も病死したことからお由羅が呪いをかけたためだと噂が流れました。斉彬を支持する若手藩士たちはお由羅と久光の暗殺を計画。情報がもれたため斉彬の支持派は切腹や流罪になりました。関係しているとされた多くの藩士が処分されました。

西郷隆盛の父・吉兵衛が御用人をしていた赤山靭負は切腹に追い込まれ。
大久保利通の父・利世は流刑になってしまいました。大久保利通も罷免・謹慎処分になりました。

この事件を高崎崩れといいます。

お由羅にはおとがめはありませんでした。

この事件のあと、幕府の圧力をうけた斉興が隠居。斉彬が藩主になりました。

その後、お由羅は薩摩で暮らしました。

安政5年(1858年)斉彬が死去すると、久光の息子・忠義が藩主になりました。

お由羅は孫が藩主になったのをみとどけたあと、慶応2年(1866年)に死去しました。

スポンサードリンク


昭和天皇との関係

島津忠義の七女・俔子(ちかこ)は久邇宮邦彦王の后となりました。

俔子の長女・良子(ながこ)は皇太子(後の昭和天皇)に嫁ぎ香淳皇后となりました。

島津家と天皇家は意外と縁があるのですね。